日本仏教学会年報  (65)

日本佛教學會

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 19) 1953~;本タイトル等は最新号による;[15号 (昭和24年度)]-;改題注記 : 継続前誌: 日本仏教学協会年報

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 仏教における善と惡 / 1~252,1~194<5479162>
  • 日本文化と罪--天津罪と國津罪を中心に = Japanese Culture and the Crime: around Amatsutsumi and Kunitsutsumi/千葉公慈 / / p1~14<5479170>
  • 『現観荘厳論』から見た善と悪 = An Interpretation of Doing Murder in Accordance with the Abhisamayālaṃkāra/谷口富士夫 / / p15~26<5479188>
  • 日蓮における一闡提成仏と仏性--爾前無得道論を中心にして = On the Nichiren's Doctrine of the icchantika and the Buddha nature/関戸堯海 / / p27~37<5479219>
  • 日蓮教学における善の問題 = The Problem of Good in Nichiren Buddhism/原愼定 / / p39~51<5479224>
  • 親鸞における悪人正機説 = Shinran's Theory that the Evil Persons are the Right Object of Amida's Salvation/矢田了章 / / p53~66<5479226>
  • 禅宗における善と悪--大慧と道元を中心として = Good and Evil in Zen: Focusing on Ta-hui and Dōgen/石井修道 / / p67~78<5479235>
  • 中世寺院と「悪党」--高野山金剛峯寺の場合 = The Medieval Temples and the Outlaw Bands: A Case Study of Kōyasan Kongōbu-ji Temple/山陰加春夫 / / p79~89<5479243>
  • 中世初期叡尊門侶集団に見られる善と悪 = Goodness and Wickedness Seen in the Texts of Eizon's Disciples/蓑輪顕量 / / p91~102<5479253>
  • 源信における善と悪 = Genshin's Theories of Good and Evil/島義徳 / / p103~117<5479257>
  • 悪死譚考--『日本霊異記』から『今昔物語集』へ = A Study on an Unnatural Death/池見澄隆 / / p119~134<5479267>
  • 日本における罪穢観と仏教 = Sin and Impureness Thought and the Buddhism in Japan/釋真弥 / / p135~150<5479275>
  • 普敬認悪と一生造悪--中国における末法自覚の両面 = Pay Respect Universally while Recognizing one's Eviland"Life long Creation of Evil": Two Aspects of Mappo Awareness in China/織田顕祐 / / p151~164<5479280>
  • 華厳教学における善・悪の問題 = Ethical Issues in the Hua-Yen Doctrine/藤丸要 / / p165~177<5479287>
  • 唐初期における五姓各別説について--円測と基の議論を中心に = On the Theory of the Five Different Natures on Early Tang Dynasty/吉村誠 / / p179~196<5479294>
  • 天台止観における善悪--第四業相境を中心として = Good and Evil Described in Tendai Shikan: Focusing on the Dai-Yon Kangosokyo/荒槇純隆 / / p197~209<5479304>
  • 天台教学における善悪の問題 = The Study of Good and Evil in Tien Tai Doctrine/塩入法道 / / p211~224<5479307>
  • 初期仏教のコスモロジーと善悪 = The Early Buddhist Cosmology from the Viewpoint of karma/岡野潔 / / p225~238<5479308>
  • アーリアデーヴァの破邪顕正の理念 = The Meaning of Āryadeva's"Asserting the Truth by Rejecting Heterodoxical Views"/佐々木恵精 / / p239~252<5479312>
  • 原始仏教における善悪--『法句』第183偈の意味するもの = 'Good and Evil'in the Original Buddhism: Meaning of Dhammapada 183/片山一良 / / p179~194<5479323>
  • パーリ文献に現われたいわゆる「七仏通誡偈」 = The Verse Preached by the Seven Buddhas as Referred to in Pāli Literature/森祖道 / / p165~178<5479331>
  • Petavatthu註における善業と悪業 = Meritorious and Evil actions in the Petavatthu-Aṭṭhakathā/藤本晃 / / p147~164<5479334>
  • 『瑜伽師地論』における善悪因果説の一側面--いわゆる「色心互熏」説を中心として = An Aspect of the Causality Theory in the Yogacārabhūmi: Centering on the Theory That Mind and Body Mutually Hold Each Other's Bīja/山部能宜 / / p127~146<5479347>
  • 瑜伽戒における不善の肯定 = The Acceptance of Evil Acts in the Śīla-paṭala of the Yogācārabhūmi/藤田光寛 / / p107~125<5479352>
  • 菩薩戒受戒儀式の一断面--アティシャの『儀軌次第』 = On the ritual of receiving the Bodhisattva precepts: Atiśa's Cittotpādasaṃvaravidhikrama/宮崎泉 / / p93~106<5479354>
  • 如来蔵系経典の宗教倫理構造 = Religious Ethics in the Tathāgatagarbha Theory/鈴木隆泰 / / p77~91<5479356>
  • 『業施設』について = On Karmaprajñapti/福田琢 / / p55~76<5479361>
  • 密教における善と悪 = On the Good and Evil in Esoteric Buddhism/北村太道 / / p37~54<5479364>
  • 仏教的世界観の体験と創造的体験--人と世界をつなぐ「感性」 = 'Susceptibility'as the Linking Media between Men and the World/秋田貴廣 / / p23~36<5479367>
  • 中世イスラーム文献に見る仏教の善悪観--ラシード・アッディーンの『集史』に見る六道輪廻 = The Stages of Metempsychosis in the Teaching of the Buddha in Rashīd al-Dīn's Majma' al-Tawārīkh/榊和良 / / p11~22<5479371>
  • スリランカの仏教にみる善の実践 = A Study of Meritorious Actions in the Sri Lankan Buddhism/中野良教 / / p1~10<5479375>
  • 彙報 / / p253~264
  • 日本仏教学会会則 / / p265~266
  • 日本仏教学会会員名簿 / / p195~254

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本仏教学会年報
著作者等 日本仏教学会
書名ヨミ ニホン ブッキョウ ガッカイ ネンポウ
書名別名 日本佛教學會年報
巻冊次 (65)
出版元 日本佛教學會西部事務所
刊行年月 2000-05
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 09103287
NCID AN00343332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00019040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想