西欧中世史  上

佐藤 彰一;早川 良弥【編著】

5世紀から10世紀にかけてローマ系、ゲルマン系、アイルランド系諸民族の社会と文化の融合が中世西欧世界を成立させた。本書は中世的心性や文化の形成、庶民レベルにおける信仰生活の形態、王国統治の原理と構造および社会集団のありよう、流通と生産のメカニズムといったテーマについて最新の社会史的研究成果をふまえ考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 概説 継承と創造
  • 1 聖人とキリスト教的心性の誕生
  • 2 ゲルマン部族王権の成立-東ゴート族の場合
  • 3 政治支配と人的紐帯
  • 4 キリスト教と俗人教化
  • 5 所領における生産・流通・支配
  • 6 西欧中世初期社会の流通構造-パリ周辺地域を中心に
  • 7 社会的結合
  • 8 識字文化・言語・コミュニケーション
  • 9 北欧の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西欧中世史
著作者等 丹下 栄
佐藤 彰一
小田内 隆
岡地 稔
早川 良弥
森 義信
森本 芳樹
熊野 聡
書名ヨミ セイオウ チュウセイシ
書名別名 継承と創造

Seio chuseishi
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 10
巻冊次
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1995.11
ページ数 266, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4623025209
NCID BN13424071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96020536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
継承と創造 佐藤 彰一, 早川 良弥
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想