認知心理学  1

乾 敏郎【編著】;竹市 博臣;野沢 晨;津崎 実;森 晃徳;行場 次朗【ほか著】

私たちの知覚している世界は、脳内で作り上げた主観的な世界のモデルである。この知覚世界は、自分が行動することによって時々刻々書き換えられ自分の身体との関係、運動制御との関係で捉えられている。本巻は、知覚と運動に関する機能とそのメカニズムを体系的に解説した初めての入門書。生理学的、発達的、神経心理学的知見も随所で紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 知覚と運動
  • 第1章 立体視
  • 第2章 恒常性
  • 第3章 聴覚による認知
  • 第4章 異種感覚情報の統合
  • 第5章 視覚パターン認知
  • 第6章 顔の認識
  • 第7章 視覚的注意
  • 第8章 空間視とその発達・障害
  • 第9章 運動制御と視覚・自己受容感覚
  • 第10章 運動系の発達
  • 第11章 エコロジカル・アプローチ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知心理学
著作者等 乾 敏郎
今水 寛
佐々木 正人
吉川 左紀子
森 晃徳
横澤 一彦
河合 優年
津崎 実
積山 薫
竹市 博臣
行場 次朗
野沢 晨
書名ヨミ ニンチ シンリガク
書名別名 知覚と運動

Ninchi shinrigaku
巻冊次 1
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1995.11
ページ数 300p
大きさ 21cm
ISBN 4130151010
NCID BN13466763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96020438
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
知覚と運動 乾 敏郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想