山といへば川

丸谷才一 著

「山といえば川」とは「右といえば左」に同じで、人と違うことを言うの意。たしかにこの著者は世の常識に逆らう人で、奇想に富み、新説を立てる。『源氏物語』を論じても、ガルシア・マルケスやマルグリット・デュラスを書評しても、あるいはさらに『ベストオブ丼』を紹介しても、いつだって読者を知的興奮へと誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『源氏物語』から和田誠まで
  • 2 書評の練習
  • 3 推薦の言葉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山といへば川
著作者等 丸谷 才一
書名ヨミ ヤマ ト イエバ カワ
書名別名 Yama to ieba kawa
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.9
ページ数 442p
大きさ 16cm
ISBN 4122024099
NCID BN1330563X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96018417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想