森川達也評論集成  1

森川 達也【著】

人間が自己の存在と行動の根拠と理由を失った戦後において、著者はいち早く、従来の現実に従属するリアリズム文学の虚偽性と無方法を難じ、実体でなく作用としての文学、内容でなく方法としての文学を提唱、現実否定の文学こそ真に創造的で革新的とする先見的論考群。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「第四文学論」序説
  • 文学における第四の感動-「反小説」へのペルスペクティーフの試み
  • 狂気と文学
  • 悪としての文学
  • 「参加」の文学・序説-「文学アクチュアリティ説」をどう発展させるべきか
  • 「思想の相対性」と現代文学
  • サルトル「アンガジュマンの文学」とは何か-「政治と文学」問題への一批判
  • 文学の不可能性と文学-ブランショ『アミナダブ』試論
  • 現実と文学
  • 言語の深淵〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森川達也評論集成
著作者等 森川 達也
書名ヨミ モリカワ タツヤ ヒョウロン シュウセイ
書名別名 根源的なものを求めて : 文学の思想
巻冊次 1
出版元 審美社
刊行年月 1995.10
ページ数 494p
大きさ 20cm
ISBN 4788380013
NCID BN13650580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96015027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想