内分泌異常のホルモン療法 : 代表的な治療法からみたその適応 婦人科治療

伊吹令人, 広井正彦 編

本書は総論として特に女性の思春期から性成熟期、中高年にいたる内分泌異常についてまず解説、その後各論として代表的なホルモン療法について解説した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論(思春期-思春期の発育とその異常
  • 性成熟期-性成熟期の正常内分泌学
  • 性成熟期-無排卵症
  • 中高年期-加齢に伴う内分泌変化とその特徴)
  • 各論(性ステロイドホルモン療法
  • ゴナドトロピン療法
  • GnRHパルス療法
  • クロミフェン、シクロフェニル療法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 内分泌異常のホルモン療法 : 代表的な治療法からみたその適応 婦人科治療
著作者等 伊吹 令人
広井 正彦
書名ヨミ ナイブンピ イジョウ ノ ホルモン リョウホウ
書名別名 Naibunpi ijo no horumon ryoho
シリーズ名 図説産婦人科view 17
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 1995.10
ページ数 182p
大きさ 26cm
ISBN 4895534006
NCID BN13157044
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96014679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想