宗教と霊性

鎌田東二 著

「霊性」は「宗教意識」の目覚めによって高められる。日本人の思想史・精神史の考察を通じて、日本における「霊性」と「霊学」の流れを再確認し、現代日本の抱える宗教問題を鋭くえぐり出すとともに、危機的状況を乗り越えるべき道を探る挑戦的思索。さらに、今日、「救い」を求める若者の関心を集めている宗教体験や神秘体験によってもたらされる「神」や「仏」や「魔」との出会いを、みずからの体験もふまえて検討、安易な「魔」への興味に警鐘を鳴らすとともに、本来の「霊性」のあり方を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 もう一つの日本精神史
  • 第2部 宗教体験と霊性
  • 第3部 宗教・修行・情報
  • 第4部 道と霊性と魔

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教と霊性
著作者等 鎌田 東二
書名ヨミ シュウキョウ ト レイセイ
書名別名 Shukyo to reisei
シリーズ名 角川選書 266
出版元 角川書店
刊行年月 1995.9
ページ数 411p
大きさ 19cm
ISBN 4047032662
NCID BN13372218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96012474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想