医学は何ができるか

ルイス・トマス 著 ; 石館康平, 中野恭子 訳

ニューヨークの町医者の家に生まれ、医学を志したトマス青年。彼の前には、1930年代の生物学や免疫学の成果をふまえた、あたらしい医学の可能性が洋々と広がっていた。死の病が、新開発の抗生物質で完治する。インターン時代、この革命的なできごとを目のあたりにし、彼はさまざまな研究に没頭する。だが「患者あっての医師」という態度は崩れない。それは、往診に駆けまわる父と、看護婦だった母の姿から学んだのだ-。臨床の現場と病理学の研究室を軽やかに行き来した著者が、生命と病気をめぐる興味ぶかいエピソードをまじえながら、自らの歩みを振り返る。「いちばん若い科学」である西洋医学の20世紀史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わが町フラッシング
  • 父は町医者
  • 医学が科学になるまえ
  • 病気は治せる
  • インターンに休日はない
  • 医者のしごと
  • 私は看護婦の味方
  • 神経学と免疫学への旅
  • 沖縄戦線での研究生活
  • 引っ越し人生〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医学は何ができるか
著作者等 Thomas, Lewis
中野 恭子
石館 康平
トマス ルイス
書名ヨミ イガク ワ ナニ ガ デキルカ
書名別名 The youngest science

Igaku wa nani ga dekiruka
出版元 晶文社
刊行年月 1995.10
ページ数 306p
大きさ 20cm
ISBN 4794962258
NCID BN13201714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96010962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想