エンパワーメントの女性学

村松安子, 村松泰子 編

本書は、女性のエンパワーメントのために、今、女性学が何をどのような形で問題にしているかを、世界の中での日本という視点をもちつつ、主要な領域について概説し、またそれを深めた議論を展開した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ エンパワーメントに向けて
  • 1 セクシュアリティと女性のからだ
  • 2 変容する家族-「個」の尊重に向けて
  • 3 ジェンダーと教育
  • 4 女性の法的識字能力と人権
  • 5 情報化時代の女性とメディア
  • 6 「変わる」日本的システムとジェンダー-雇用・産業構造・福祉国家
  • 7 女性の政治参画-地域から国の政治まで
  • 8 開発・環境-担い手としての女性
  • エピローグ 地球社会の女性のエンパワーメント-NGOの可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エンパワーメントの女性学
著作者等 村松 安子
村松 泰子
書名ヨミ エンパワーメント ノ ジョセイガク
シリーズ名 有斐閣選書
出版元 有斐閣
刊行年月 1995.8
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 464118240X
NCID BN13012391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96009450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想