Effectiveness of a Mobile Short-Message-Service–Based Disease Outbreak Alert System in Kenya

We conducted a randomized, controlled trial to test the effectiveness of a text-messaging system used for notification of disease outbreaks in Kenya. Health facilities that used the system had more timely notifications than those that did not (19.2% vs. 2.6%), indicating that technology can enhance disease surveillance in resource-limited settings.;開始ページ : 711;終了ページ : 715

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Effectiveness of a Mobile Short-Message-Service–Based Disease Outbreak Alert System in Kenya
著作者等 National Center for Infectious Diseases (U.S.)
戸田 みつる
書名別名 携帯電話を活用したケニアにおける感染症流行早期警戒システムの有効性
出版元 Centers for Disease Control and Prevention (CDC)
刊行年月 [1995]-
ページ数 v.
大きさ 28 cm
ISSN 10806040
NCID AA11211604
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想