アイヌの学校

長見義三 著

昭和初期、追われゆく先住アイヌ民族との交流を通して、その生活の歓びと悲哀を情感あふれる筆致で描いた長見義三の文学世界。アイヌの学校が廃止されるという。コタンの顔役バロオはこれを存続させるため奮闘するが…。歴史的・現実的なアイヌ民族の問題を浮き彫りにした表題作ほか二篇収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アイヌの学校
著作者等 長見 義三
書名ヨミ アイヌ ノ ガッコウ
書名別名 Ainu no gakko
シリーズ名 長見義三作品集 1
出版元 恒文社
刊行年月 1993.10
ページ数 341p
大きさ 20cm
ISBN 4770407882
NCID BN10018030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96005073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想