PET/CT Shows Subjective Pain in Shoulder Joints is Associated with Uptake of 18F-FDG

Lippincott Williams & Wilkins.;元資料の権利情報 : This is a non-final version of an article published in final form in Nuclear Medicine Communications, 35(1), pp.44-50; 2014

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 PET/CT Shows Subjective Pain in Shoulder Joints is Associated with Uptake of 18F-FDG
著作者等 British Nuclear Medicine Society
釡﨑 敏彦
書名別名 PET/CTにおいて、肩関節の痛みは18F-FDG集積と関連する
出版元 Lippincott Williams and Wilkins
刊行年月 c1980-
ページ数 v.
大きさ 28 cm
ISSN 01433636
NCID AA10624879
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 イギリス
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想