東アジアの本草と博物学の世界  上

山田慶児 編

国際日本文化研究センターの共同研究の報告。幅広い性格をもつ本草と博物学の世界を、ひとつの構築された知的宇宙としてのみならず、学問・産業・芸術のような分野への影響という観点からも多面的に分析している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 分類(本草における分類の思想
  • 植物の属と種について
  • 東アジア本草学における「植虫類」)
  • 2 記述(幕府典薬頭の手記に見える本草
  • 日本における救荒書の成立とその淵源
  • 清朝考証学派の博物学
  • 漢訳本前期密教経典にあらわれた医療関連記載)
  • 3 描写(秘伝花鏡小考
  • 十八世紀の植物写生
  • 江戸時代動物図譜における転写)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの本草と博物学の世界
著作者等 三木 亘
塚本 洋太郎
大庭 脩
安田 健
宗田 一
小林 清市
小野 芳彦
山田 慶児
川島 昭夫
木村 陽二郎
杉立 義一
桜井 謙介
榊原 吉郎
正木 晃
田代 和生
白幡 洋三郎
白杉 悦雄
磯野 直秀
笠谷 和比古
西村 三郎
高橋 達明
山田 慶兒
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ホンゾウ ト ハクブツガク ノ セカイ
巻冊次
出版元 思文閣
刊行年月 1995.7
ページ数 333, 19p
大きさ 22cm
ISBN 4784208836
NCID BN13026421
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96000996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想