Relation Between the Persistence of an Abnormal Muscle Response and the Long-term Clinical Course After Microvascular Decompression for Hemifacial Spasm

the Japan Neurosurgical Society

Neurologia medico chirurgica(日本脳神経外科学会)掲載論文。J-STAGEより本文転載。;開始ページ : 474;終了ページ : 482

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Relation Between the Persistence of an Abnormal Muscle Response and the Long-term Clinical Course After Microvascular Decompression for Hemifacial Spasm
著作者等 日本脳神経外科学会
Committee of Brain Tumor Registry of Japan
Hatayama Toru
Ohkuma Hiroki
Tobishima Hana
出版元 日本脳神経外科学会
刊行年月 1959-1973
ページ数 26cm
大きさ 28 cm
ISSN 04708105
NCID AA11995264
AN00358613
AA11510820
AA0075470X
AA10905437
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032885
10054788
10019518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想