Increased ratio of FoxP3+ regulatory T cells/CD3+ T cells in skin lesions in drug-induced hypersensitivity syndrome/drug rash with eosinophilia and systemic symptoms

Blackwell Scientific

博士(医学)・甲第604号・平成25年11月27日;© 2014 British Association of Dermatologists / The definitive version is available at http://onlinelibrary.wiley.com/;開始ページ : 284;終了ページ : 291

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Increased ratio of FoxP3+ regulatory T cells/CD3+ T cells in skin lesions in drug-induced hypersensitivity syndrome/drug rash with eosinophilia and systemic symptoms
著作者等 Asada, Hideo
Fukumoto, Takaya
Kasai, Takahiko
Kishimoto, Toshifumi
Kobayashi, Nobuhiko
Morii, Takeshi
Nonomura, Akitaka
Ogawa, Kohei
Morito, Hironori
書名別名 薬剤性過敏症症候群(DIHS)の皮疹部においてCD3陽性T細胞数に対するFoxP3陽性制御性T細胞数の割合は増加している
出版元 Blackwell Scientific
刊行年月 1976
ISSN 03076938
NCID AA00607691
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想