Investigation of whether in-room CT-based adaptive intracavitary brachytherapy for uterine cervical cancer is robust against interfractional location variations of organs and/or applicators

開始ページ : 1;終了ページ : 7;元資料の権利情報 : 全文ファイル公表済;元資料の権利情報 : Fulltext available.;http://doi.org/10.1093/jrr/rrw043

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 Investigation of whether in-room CT-based adaptive intracavitary brachytherapy for uterine cervical cancer is robust against interfractional location variations of organs and/or applicators
著作者等 Oku, Yoshifumi
書名別名 子宮頸癌における同室CTに基づく適応腔内小線源治療は臓器および/またはアプリケータの治療間位置変動に対してロバストであるかどうかの可能性研究
出版元 Georg Thieme
ISSN 01726390
NCID AA00213244
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 ドイツ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想