Impact of Lipoprotein(a) As Residual Risk on Long-term Outcomes in Patients After Percutaneous Coronary Intervention

American College of Cardiology

この本の情報

書名 Impact of Lipoprotein(a) As Residual Risk on Long-term Outcomes in Patients After Percutaneous Coronary Intervention
著作者等 Elsevier Science Publishers
American College of Cardiology
小西 宏和
出版元 Donnelley
刊行年月 1958-
ページ数 v
大きさ 27 cm
ISSN 00029149
NCID AA00048410
AA11522841
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 英語
出版国 アメリカ合衆国
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想