ターミナルケア  8(5)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 11 (1) 2001.01~14 (6) 2004.11;本タイトル等は最新号による;1巻1号から2巻12号までの並列タイトル: Japanese journal of terminal care;1巻1号から13巻6号までの出版者: 三輪書店;刊行頻度, 大きさの変更あり;増刊号とも;1巻1号 (Apr. 1991)-14巻6号 (Nov. 2004);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 輸液を考える / 恒藤暁 / p348~385
  • 特集にあたって / 恒藤暁 / p348~348
  • 末期がん患者の輸液の現状と課題 / 恒藤暁 / p349~359
  • 臨死期の患者への輸液をめぐる問題--今,何がわかっているのか? / 的場和子 / p360~366
  • 私は輸液をこう考える / / p367~385
  • 輸液に関する臨床研究の方向性 / 志真泰夫 / p367~368
  • 「控える」ということ その人らしさとホスピスらしさ / 池永昌之 / p368~370
  • 賛育会病院緩和ケアプログラムの場合 / 野崎英樹
  • 川越厚 / p371~373
  • 輸液を行う意味を問う / 近藤まゆみ / p373~374
  • ターミナルステージにおける輸液の減量あるいは中止についての倫理的考察 / 前野宏 / p375~377
  • 最も大切なことは本人の選択ではないか? / 中山康子 / p377~378
  • ターミナルケアと輸液 / 太田惠一朗 / p379~380
  • 現在のQOLを保持するために / 清水哲郎 / p381~382
  • 輸液のガイドライン / 井上聡,他 / p383~385
  • ペリスコープ 地域に根ざしたホスピスケアを / 末永和之 / p347~347
  • 末期がん患者の死への対応に関する研究 / 平井啓,他 / p412~416
  • ホスピスケアを阻むもの アメリカの状況から日本の今後を考える / 藤井美和 / p417~424
  • PUCデザインの鍵「12」 こうしてよかった こうすればよかった 神戸中央病院緩和ケア病棟 / 八木安生,他 / p410~411
  • 柏木教授のユーモア講座 「1」ユーモア講座,開講 / 柏木哲夫 / p426~427
  • 薬の知識 「4」NMDA受容体拮抗薬として再評価を受けている薬剤 / 下山直人,他 / p409~409
  • 終末期患者の在宅ケア 「1」在宅ケア実践の心得 / 馬庭恭子 / p394~397
  • 特別収録 看護婦として,また医療政策立案者としての立場から (日英シンポジウムより) / スー・ホーケット / p388~391
  • REPORT 第6回 日本ホスピス・在宅ケア研究会 / 谷田憲俊 / p393~393
  • 書評 鶴見和子,他『回生を生きる-本当のリハビリテーションに出会って』 / 山本三千代 / p392~392
  • 書評 北見公一『脳の痛み 心の痛み-慢性痛からの解放をめざして』 / 梅田恵 / p398~398
  • 書評 河本のぞみ・石川誠『夢にかけた男たち』 / 太田睦美 / p399~399
  • 緩和ケア病棟承認施設一覧 / / p404~405
  • インフォメーション / / p406~408
  • ターミナルケア・ネットワーク / / p401~403
  • 訂正,追加とお詫び / / p400~400

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ターミナルケア
著作者等 三輪書店
青海社
書名ヨミ ターミナル ケア
書名別名 Japanese journal of terminal care

The Japanese journal of hospice and palliative care

Taminaru kea
巻冊次 8(5)
出版元 青海社
刊行年月 1998-09
版表示 CD-ROM版
ページ数
大きさ 26cm
付随資料 GUIDE BOOK (冊 ; 18cm)
ISSN 09170359
NCID AA12585654
AN10353547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00083836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想