セミナー医療と社会 = Journal of health care, medicine and community  (11)

セミナー医療と社会 編

国立国会図書館雑誌記事索引 (25) 2004.06~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;3号 (June 1993)-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 巻頭言 国際化や国際交流のこれまでとこれから / 品川信良 / p1~5
  • 1.間接的安楽死再考 / 谷田憲俊 / p6~12
  • 2.不妊症診療から見た医療の社会性について / 宇津宮隆史
  • 指山実千代 / p13~21
  • 3.日本の医療--過去・現在・未来 / 山口研一郎 / p22~34
  • 4.戦争と医学及び医師 / 品川信良 / p35~42
  • 5.ドイツの医師と日本医学との初期の邂逅 / 鈴木重統 / p43~46
  • 6.近代科学の搖藍期における医学の一側面--ヨアヒム・ベッヒャーにみる / 石渡隆司 / p47~51
  • 7.「技術者」の生--ヒポクラテス「医師の誓い」再考 / 今井正浩 / p52~61
  • 話題提供 第20回例会 (1996年11月30日) / / p62~72
  • 1.日本の薬は野茂(投手のよう)になれるか / 隈本邦彦 / p62~67
  • 2.これまでの20回を顧みて。--特にこの種の研究会の使命 / 品川信良 / p68~69
  • 3.精神医療の現状と将来に向けての課題 / 酒井明夫 / p70~70
  • 4.歴史のなかの医療と社会--17世紀中葉のドイツを例として / 石渡隆司 / p70~70
  • 5.医療--特に精神科医療と喫煙問題 / 石川はじめ / p71~72
  • 話題提供 第21回例会 (1997年3月1日) / / p73~77
  • 1.技術者の生--ヒポクラテス「医師の誓い」再考 / 今井正浩 / p73~73
  • 2.初期の日独医学交流が日本の医療にもたらした影響について / 鈴木重統 / p73~74
  • 3.ホスピスケアにおける間接的安楽死 / 谷田憲俊 / p74~74
  • 4.多胎妊娠からみた不妊診療の社会性について / 宇津宮隆史 / p74~75
  • 5.医療の限界とその再構築 / 品川信良 / p75~77
  • 書評、新刊書紹介等--松木明知著「学と術の周辺」・西成辰雄著「白鳥の里から-ふるさとと自治と」・池上直己・J.C.キャンベル著「日本の医療-統制とバランス感覚」・品川信良著『どうなる 日本の医療』・箱石匡行・内田詔夫編「ホスピスの理想」・片山哲二著「介護福祉のための医学概論-知っておきたい基礎知識-」・丸本百合子・山本勝美著「産む/産まないを悩むとき」 / 品川信良
  • 津嶋恵輔
  • 五十嵐靖彦 / p78~85
  • 会員通信 / / p86~97
  • オランダ便り(2) / 五十嵐靖彦 / p86~93
  • 会員からの手紙等 / 三上トモ
  • 小野寺紀彦
  • 田沢康三郎
  • 品川保弘
  • 石戸谷滋 / p94~97

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 セミナー医療と社会 = Journal of health care, medicine and community
著作者等 セミナー医療と社会
書名ヨミ セミナー イリョウ ト シャカイ = Journal of health care, medicine and community
書名別名 医療と社会

Journal of health care, medicine and community

Semina iryo to shakai
巻冊次 (11)
出版元 セミナー医療と社会
刊行年月 1997-05
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09196633
全国書誌番号
00094816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想