茨城県母性衛生学会誌 = Journal of Ibaraki maternal health  (10)

茨城県母性衛生学会編集委員会 編

国立国会図書館雑誌記事索引 (20) 2000.12~;本タイトル等は最新号による;並列タイトル変遷: Ibaraki journal of maternal health (-30号);[1号]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 巻頭言 / 鳩貝よし
  • 第10回茨城県母性衛生学会総会並びに学術集会報告 /
  • 1.産褥看護の再考--母児同室と産婦の疲労を調査して / 児玉淳子,他 / p1~3
  • 2.帝王切開術後の褥婦の意識調査--帝王切開決定から実施までの不安に対する援助について考える / 浜田敬子,他 / p3~5
  • 3.母児同室における母子看護--母性意識の変移についての考察 / 久松洋子,他 / p6~8
  • 4.看護学生における性意識の傾向 / 斉藤憲枝,他 / p8~11
  • 5.頚延長を伴う子宮合併妊娠の一例--手挙大の子宮膣部脱出,頚管長7cmの分娩を担当して / 廣木光子,他 / p11~13
  • 6.竜ケ崎市における母乳栄養指導と乳児栄養法の実際--6カ月児健診時のアンケート調査より / 宮川香里,他 / p14~18
  • 7.日立市における乳がん検診の取り組みと今後の方向について / 大高ひろみ,他 / p18~21
  • 8.水中出産の事例報告 / 瀬井房子 / p21~24
  • 9.妊娠への自律訓練法の適用--指導法と効果 / 坂入洋右,他 / p24~27
  • 10.当院における過去4年間の産科統計について--助産婦の立場から / 関恒子,他 / p27~31
  • シンポジウム シンポジウム『母親学級のあり方について』 / 浅野幸子 / p32~32
  • シンポジウム 1.妊産婦を主体としたお産への援助 / 紅谷のぶ子 / p32~36
  • シンポジウム 2.最近の妊娠の動向から見た母親学級への提言 / 庄司誠 / p36~40
  • シンポジウム 3.パパの育児教室を実施して / 中山礼子 / p41~45
  • シンポジウム 4.母親教室参加者のアンケート調査から / 小畑ミヨ子 / p45~47
  • シンポジウム 5.呼吸法の指導を通して / 塚田ヨシコ / p48~50
  • 特別講演 新しい時代の母子保健 / 松本清一 / p51~53
  • 第11回茨城県母性衛生学会学術集会の演題募集について / 岩崎寛和 / p55~55
  • 第31回日本母性衛生学会総会並びに学術集会 (予告) / 望月眞人 / p56~58
  • 茨城県母性衛生学会役員名簿・役員の異動 / / p59~61
  • 主要医療行政機関・関係機関 / / p62~66
  • 話題の問題点 私の教育論--衛生行政の分野における教育 / 竹村宏之 / p67~68
  • 話題の問題点 私の教育論--患者教育の必要性 / 岡野忠男 / p69~70
  • 編集後記 / 編集係 / p71~71

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 茨城県母性衛生学会誌 = Journal of Ibaraki maternal health
著作者等 茨城県母性衛生学会
茨城県母性衛生学会編集委員会
書名ヨミ イバラキケン ボセイ エイセイ ガッカイシ = Journal of Ibaraki maternal health
書名別名 Ibaraki journal of maternal health

Journal of Ibaraki maternal health
巻冊次 (10)
出版元 茨城県母性衛生学会事務局
刊行年月 1990-09
ページ数
大きさ 26-30cm
全国書誌番号
00093775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想