臨床と薬物治療  17(1)(130)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 プライマリケア医が診る不整脈 / / p1~7,9~11,13~24,26~34,36~39,41~44,46~49,51~54
  • 特集にあたって / 佐藤友英 / p1~1
  • 不整脈の診断 患者が動悸,結滞を訴えて来院した場合 / 田辺晃久 / p2~7
  • 不整脈の診断 明瞭な脈拍異常の自覚症状がない場合 / 飯沼宏之 / p9~11
  • 不整脈の診断 精査を必要とする場合 / 内田高浩
  • 加藤貴雄 / p13~15
  • 治療の実際 治療方針の決定基準 / 近藤一彦
  • 渡辺一郎
  • 小沢友紀雄 / p16~19
  • 治療の実際 上室期外収縮,発作性上室頻拍の治療 / 比江嶋一昌 / p20~24
  • 治療の実際 心房細動,心房粗動の治療 / 碓井雅博
  • 井上博 / p26~29
  • 治療の実際 心室期外収縮,心室頻拍,心室細動の治療 / 松原哲
  • 大久保豊幸
  • 伊吹山千晴 / p30~34
  • 不整脈の管理 日常生活上の指導--抗不整脈薬服用者 / 杉薫 / p36~39
  • 不整脈の管理 日常生活上の指導--恒久的ペースメーカー,植込型除細動器使用者など / 大西哲
  • 笠貫宏 / p41~44
  • 大規模臨床比較試験--これまでの流れ / 新博次 / p46~49
  • Sicilian-Gambit--新しい知見 / 牧野伸司
  • 小川聡 / p51~54
  • Terminology / / p7~7,29~29,34~34,49~49
  • 今月の薬剤 マクロライド系抗生物質 / / p76~97
  • 治療計画のための薬理学 / 宮本大介
  • 市瀬裕一
  • 外山圭助 / p76~79
  • 薬剤選択のレファランス 文献にみる薬剤データ比較一覧 / 徳洲会病院薬剤部 / p80~91
  • 添付文書による副作用一覧 / 『臨床と薬物治療』編集部 / p92~95
  • 私の選んだ常備薬 / / p96~97
  • エリスロマイシン,クラリスロマイシン,ミデカマイシン / 志村政文 / p96~96
  • エリスロマイシン,クラリスロマイシン,ロキタマイシン / 泉川欣一 / p97~97
  • THE TOPICS 出生前検査の功罪--母体血清マーカー検査に関して / 長谷川知子 / p56~59
  • 専門外来 私の処方設計(23)精神症状のコントロールに苦慮したパーキンソン病の一例 / 飛田兆一
  • 山本悌司 / p60~62
  • シリーズ・診療室から 28 臨床的に無症候性脳幹梗塞は無症候性脳幹梗塞とはいえない / 阿部真也
  • 杉山太枝子
  • 清水寛正 / p72~74
  • アレルギー・フィールドノート(13)大気汚染と鼻アレルギー / 三好彰
  • 程雷
  • 三邉武幸
  • 彭解人
  • 陳強 / p68~71
  • 臨床医による新薬の評価 塩酸ペンタゾシン / 上田進久 / p64~65
  • 臨床医による新薬の評価 塩酸テルビナフィン / 北村清隆 / p66~67
  • バックナンバー / / p98~98
  • 次号予告 / / p99~99
  • 編集部より / M.S.
  • R.Y.
  • S.H. / p100~100
  • Information / / p44~44,59~59

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy
巻冊次 17(1)(130)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1998-01
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想