臨床と薬物治療  11(1)(67)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集=小児用薬剤の使い方 / 松田一郎 / p33~38,40~57,59~72,75~80,83~86,88~91,93~96,99~108,110~114,116~120,122~131,133~142
  • 小児用薬剤の特殊性 / 松田一郎 / p34~38
  • 小児用製剤の種類と特徴 / 中野眞汎 / p40~43
  • 小児用量が明記されている薬剤--最近発売された小児用薬剤と開発中の薬剤 / 有森和彦
  • 中野眞汎 / p44~53
  • 小児用薬剤と混合の問題--ジュース・ミルク等に混入注意の薬剤と注射剤の混合 / 猪爪信夫
  • 中野眞汎 / p54~57
  • 年齢別投与上の注意 新生児 / 伊藤進
  • 大西鐘壽 / p59~64
  • 年齢別投与上の注意 乳児・幼児・学童期 / 三浦寿男 / p65~72
  • 小児科領域でとくに問題となる副作用(副反応) / 水上義明 / p75~80
  • コンプライアンスを高める種々の工夫 医師の立場から / 藤田晃三 / p83~86
  • コンプライアンスを高める種々の工夫 薬剤師の立場から / 岩奥玲子
  • 中野眞汎 / p88~91
  • 小児用薬剤の種類とその選択基準・使用上の注意-医師の立場から- 解熱鎮痛消炎剤 / 吉田一郎 / p93~96
  • 小児用薬剤の種類とその選択基準・使用上の注意-医師の立場から- 抗アレルギー薬・喘息治療薬 / 岩崎栄作
  • 馬場実 / p99~103
  • 小児用薬剤の種類とその選択基準・使用上の注意-医師の立場から- 抗てんかん薬 / 東明正 / p104~108
  • 小児用薬剤の種類とその選択基準・使用上の注意-医師の立場から- 鎮咳剤 / 西村忠史
  • 杉田久美子 / p110~114
  • 小児用薬剤の種類とその選択基準・使用上の注意-医師の立場から- 循環器用剤 / 瀬口正史
  • 門間和夫 / p116~120
  • 特殊な小児用薬剤--内分泌疾患治療薬を中心に / 松浦信夫 / p122~126
  • 小児に用いられる薬剤の選択基準・使用上の注意--薬剤師から臨床医へのアドバイス / 加藤裕久
  • 横山朋正
  • 千葉寛 / p127~131
  • 小児用量が明記されている薬剤一覧 / 編集部 / p133~142
  • DI FILE 製品情報 / / p1~5
  • DI FILE 文献副作用情報 / 高杉益充 / p5~9
  • DI FILE 医薬品副作用情報 111 / / p11~31
  • バックナンバーのお知らせ / / p143~144
  • これからの特集テーマと"Q&A"の質問募集 / / p145~145
  • 次号予告 / / p146~146

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy
巻冊次 11(1)(67)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1992-01
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想