OPE nursing = オペナーシング : the Japanese journal of operating room nursing  15(2)(184)

国立国会図書館雑誌記事索引 16 (1) (通号: 197) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;1巻1号のタイトル関連情報: the Japanese journal of operative room nursing;1巻1号 = 1号 (1986年5/6月)-;出版地の変更あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 ORナースのための脳死臓器移植の今 / 門田守人 / ~27,29~55
  • 1.わが国における臓器移植ネットワークの現状と課題 / 寺岡慧 ほか / p20~27
  • 2.わが国の移植コーディネーター活動 / 小中節子 / p29~33
  • 3.脳死判定の実際 / 川嶋隆久 / p34~38
  • 4.各臓器の提供可能条件およびその判定方法 / 白倉良太 / p39~47
  • 5.臓器提供手術を経験して / 佐藤武子 ほか / p48~55
  • 6.心臓移植第一例目を経験して (1)移植医の立場から / 福嶌教偉 / p56~61
  • 7.心臓移植第一例目を経験して (2)看護婦の立場から / 水谷綾子 ほか / p62~69
  • 手術室看護のピットフォール(2)手術室看護から見た「手術室で行われる医療」のとらえ方 / 弓削孟文 / p14~16
  • 症例に学ぶ画像診断と手術適応 心臓血管外科編 (2) 僧帽弁膜症 / 北村信夫 / p70~74
  • ORで使う用語・略語(46)マイルズ手術 / 小西敏郎 / p80~81
  • 患者の安全を守るために 手術室での危機管理(2)医療事故とその取り組み-病院システムとして手術部の立場から- / 粕田晴之 / p92~98
  • 医用機器ディクショナリー(35)体温計(モニタ) / 原口信之 / p99~104
  • 連載 / / p1~1,79~79,82~,85~
  • Message for OR Nurses 100本のバラと100個の乳房 / 三浦重人 / p1~1
  • スーパーエッセイ/ナースランド(23)カウントダウン / 岸香里 / p85~
  • St.Louis通信(17)病院のお気に入りスポットご紹介 / 本田智恵子 / p82~
  • ナースに読んでほしいこの1冊 / 数井暉久 / p79~79
  • レポート / / p4~12
  • OPE ROOM 滋賀医科大学医学部附属病院 / 林美紀
  • 片山ゆみ
  • 竹之下眞
  • 中井須美子 / p4~
  • 学会レポート 第13回日本手術看護学会 / 林美紀
  • 片山ゆみ / p8~12
  • クリップボード / 森田博子 / p13~13
  • おしゃべり・ROOM / 小松浩江 / p87~87
  • SENSOR BOOK/NEWS / 保坂隆 / p88~89
  • 連載コラム イチイミカの空飛ぶ通信(74) / 市居みか / p89~89
  • 映画大好き(11) / 松永珠希 / p90~90
  • 次号予告 / / p106~106
  • 人工呼吸器実習セミナー・日本医工学治療学会第14回学術大会 / / p55~55
  • 第22回日本呼吸療法医学会学術総会 / / p86~86
  • 第6回日本看護診断学会学術大会 / / p105~105

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 OPE nursing = オペナーシング : the Japanese journal of operating room nursing
著作者等 メディカ出版
書名ヨミ OPE nursing = オペ ナーシング : the Japanese journal of operating room nursing
書名別名 The Japanese journal of operative room nursing

オペナーシング

OPE nursing
巻冊次 15(2)(184)
出版元 メディカ
刊行年月 2000-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09135014
NCID AN10042296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00055543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想