臨床と薬物治療  8(8)(50)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~23 (4) (通号: 205) 2004.04;本タイトル等は最新号による;刊行頻度, 出版者, 大きさの変更あり;6巻3号 = 30号 (1987年5月)-23巻4号 = 205号 (2004年4月)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集=狭心症の薬物療法 / / p13~19,21~25,27~32,35~41,43~47,49~53,55~59,61~65,67~72,74~78,80~84,86~91,93~98,100~115
  • 狭心症の病態生理 / 道場信孝 / p14~19
  • 亜硝酸薬の使い方とその注意 / 金井隆之
  • 藤田良範 / p21~25
  • β遮断薬の使い方とその注意 / 川久保清 / p27~32
  • Ca拮抗薬の使い方とその注意 / 児玉和久
  • 南都伸介 / p35~41
  • いわゆる冠拡張薬の使い方とその注意 / 三浦傅
  • 田辺武彦 / p43~47
  • 薬物治療の実際 狭心症の治療方針 / 坂口明
  • 斎藤宗靖 / p49~53
  • 薬物治療の実際 労作狭心症の治療 / 中沢潔
  • 村山正博 / p55~59
  • 薬物治療の実際 安静狭心症の治療 / 田村裕男
  • 斎藤頴
  • 小沢友紀雄 / p61~65
  • 薬物治療の実際 労作安静狭心症の治療 / 小林毅 / p67~72
  • 薬物治療の実際 不安定狭心症の治療 / 相澤忠範 / p74~78
  • 薬物治療の実際 無症候性心筋虚血の治療 / 岸田浩 / p80~84
  • 薬物治療の実際 梗塞後狭心症の治療 / 奥田宣明
  • 藤浪隆夫
  • 大手信之 / p86~91
  • 薬物治療の実際 他の循環器疾患を合併する狭心症の治療 / 宮口和彦
  • 林博史 / p93~98
  • 狭心症(冠攣縮)を誘発する薬剤 / 栗田明
  • 高瀬凡平 / p100~106
  • 主要狭心症治療薬の用法・用量と禁忌・慎重投与 / 編集部 / p107~115
  • 文献副作用情報 / 高杉益充 / p116~119
  • DI FILE 「医薬品副作用情報」の概要 / / p1~7
  • DI FILE 使用上の注意の改訂 / / p8~9
  • DI FILE 最近の新薬 / / p9~12
  • 総目次 / / p121~134

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床と薬物治療
著作者等 ありい出版
ミクス
エルゼビアジャパン株式会社
書名ヨミ リンショウ ト ヤクブツ チリョウ
書名別名 Clinics & drug therapy

Rinsho to yakubutsu chiryo
巻冊次 8(8)(50)
出版元 エルゼビア・ジャパン
刊行年月 1989-11
ページ数
大きさ 29cm
ISSN 09137505
NCID AN10080433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00056044
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想