自律訓練研究 = Japanese journal of autogenic therapy  17(1/2)(24)

日本自律訓練学会編編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 27 (2) (通号: 37) 2007.10~;本タイトル等は最新号による;1巻1号 (1979年4月)-11巻1号 (1990年7月) ; 11巻2号 = 15号 (1990年12月)-31巻2号 = 44号 (2011年12月) ; 32巻1/2号 (2012年12月)-;出版地の変更あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集「自律訓練法の適用目的とゴール」 / / p1~88
  • 自律訓練法の普及と発展を願って / 永田頌史 / p1~2
  • 特別講演 自律訓練法の21世紀へ向けての展望(1)--世界の歴史と国際的動向 / 佐々木雄二 / p3~9
  • 教育講演 Total Health Promotion Planと自律訓練法 / 松原秀樹 / p10~15
  • シンポジウム 自律訓練法の適用目的とゴール / / p16~55
  • 司会のことば / 坂野雄二 / p16~16
  • 司会のことば / 石川俊男 / p17~17
  • 自律訓練法の適用目的とゴール--他の治療法との併用に関して / 松岡洋一 / p18~22
  • 自律訓練法の適用目的とゴール--産業保健の立場から / 久保田浩也 / p23~25
  • 一般の方々に自律訓練法を適用する場合の適用目的とゴールについて--健康教育としての自律訓練法 / 杉江征 / p26~30
  • ラグビーフットボール選手におけるメンタルトレーニングの効果--VMBR法を用いて / 安永明智
  • 園田順一 / p31~37
  • 自律訓練法の適用目的とゴール--基礎的研究のゴールと位置づけ / 三島徳雄 / p38~47
  • 自律訓練法の適用目的とゴール--心療内科診療における位置づけ / 日高三喜夫
  • 石橋慎一郎 / p48~55
  • パネルディスカッション 産業保健における自律訓練法の実践 / / p56~88
  • 司会のことば / 野村忍 / p56~57
  • 司会のことば / 芦原睦 / p58~58
  • 産業界での集団自律訓練法実践の効用 / 後藤敕
  • 今井保次
  • 国吉空
  • 根本忠一
  • 飯田進一郎 / p59~67
  • 自律訓練法と産業メンタルヘルス--自己調整法の導入とその効果 / 野田悦子 / p68~74
  • 健康教育と自律訓練法 / 齋藤通明
  • 坂元仁美
  • 松永一郎 / p75~79
  • 企業における集団自律訓練の生理的効果 / 村上正人
  • 桂戴作
  • 佐々木雄二
  • 菊池長徳
  • 小田晋
  • 河野友信
  • 笠井仁
  • 一ノ渡尚道
  • 今井保次
  • 飯田進一郎
  • 国吉空
  • 後藤敕 / p80~86
  • 産業現場における自律訓練法の位置づけ / 中野弘一
  • 芝山幸久
  • 久松由華
  • 広瀬順子
  • 長谷川久見子 / p87~88
  • 公告 日本自律訓練学会会則,日本自律訓練学会細則 / / p89~92
  • 学会だより / / p93~93
  • 事務局だより / / p94~98

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 自律訓練研究 = Japanese journal of autogenic therapy
著作者等 日本自律訓練学会
日本自律訓練学会編集委員会
書名ヨミ ジリツ クンレン ケンキュウ = Japanese journal of autogenic therapy
書名別名 Japanese journal of autogenic therapy
巻冊次 17(1/2)(24)
出版元 日本自律訓練学会
刊行年月 1998-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 09134964
NCID AN10231823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00055345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想