よぼういがく  21(4)

日本予防医学協会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 29 (7) 1999.07~36 (別冊) 2006.06;本タイトル等は最新号による;欠番: 17巻10号 (1987年10月) 大きさの変更あり;[1巻1号]-36巻3号 (2006年3月), 36巻別冊 (2006年6月);以後廃刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 法改正,行ってみて困ったこと-血液検査を中心に- / 若林正雄 / p3~28
  • はじめに / / p3~3
  • 1. 検査以前の諸問題 / / p3~12
  • 1) 検査値の変動要因 / / p3~5
  • 2) 重要成分の血清-血球間濃度の相違 / / p5~7
  • 3) エタノール摂取後の血清中酵素活性の変化 / / p7~8
  • 4) 運動(中程度)後の血清中酵素活性の変化 / / p8~8
  • 5) 妊娠による血清化学成分の変動 / / p8~10
  • 6) 溶血血清の誘因因子 / / p10~10
  • 7) 全血放置後の各成分の経時変化 / / p10~11
  • 8) 血清化学成分の日内変動 / / p11~11
  • 9) コルチゾールの日内リズム / / p11~11
  • 10) 職域別にみた血清γ-GTP,中性脂肪の正常範囲の比較 / / p11~12
  • 11) 職域別にみた血清CPK,LDHの正常範囲の比較 / / p12~12
  • 2. 性・年齢別の正常値と個人の正常値との対比 / / p12~21
  • 1) 測定項目別の個体間変動,個体内変動,分析誤差の比較 / / p14~15
  • 2) 変動の大きさの比較 / / p15~15
  • 3) 地域,職域別にみた血清総コレステロールの平均値の比較 / / p15~16
  • 4) 日本人と北欧人の罹患率と死亡率の比較 / / p16~16
  • 5) 日本人とスウェーデン人HA抗体の経年的保持率の比較 / / p16~18
  • 6) 基準値と正常値 / / p18~20
  • 7) カードの種類と機能 / / p20~21
  • 討議 / / p22~28

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 よぼういがく
著作者等 日本予防医学協会
書名ヨミ ヨボウ イガク
書名別名 Yobo igaku
巻冊次 21(4)
出版元 日本予防医学協会
刊行年月 1991-04
ページ数
大きさ 30cm
ISSN 02864789
NCID AN00216368
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00038382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想