民医連医療  (120)

全日本民主医療機関連合会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 232) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;[ ]~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 君と語ろう、民医連の医療を / / p18~28
  • 座談会 民医連医師、医学生と語る 〝喜びとロマン〟は第一線の医療に / 阿南陽二
  • 石原典子
  • 川崎美栄子
  • 竹本照彦 / p18~28
  • いま民医連でこんな医療が… / / ~42
  • ウィルス性肝炎患者と苦悩をともにし予防網の確立めざす / 北原明倫 / p30~31
  • 脳卒中の多発県で4年間に263例を執刀 / 原口庄二郎 / p32~33
  • 小児救急に応え、いま開放型病院めざして運動 / 宮竹克英 / p34~35
  • ねたきり老人の訪問歯科医療を行ない、歯科のネットワークも構想 / 小南泰雄 / p36~37
  • 高血圧症管理基準で1000人を越える患者を管理 / 倉沢高志 / p38~39
  • 虚血性心疾患の診断センターとして活躍 / 須田民男 / p40~41
  • リハビリテーション医療 その6つの魅力とは / 宇藤健司 / p42~42
  • 患者の心と看護の実践 (第2部「2」) / 忍足智恵美 / p76~81
  • アルコール症患者の依存について (上) / 西脇巽 / p88~95
  • 労災職業病への視点と私たちの医療 / 若葉金三 / p96~101
  • 医師とスモン (3) 北陸の患者とともに / 莇昭三 / p82~87
  • 「医師過剰時代」を考える / 森谷尚行 / p44~48
  • 本の紹介 吉田一法「草笛のうた」民医連の医療見聞録 / 山田洋次 / p59~59
  • 私のすすめる5冊の本 / 斉藤さよ子
  • 福永宏海
  • 柳下礼子
  • 下島気志子
  • 樋端規邦
  • 谷絢子
  • 岡本康
  • 大野芳子
  • 池田信明
  • 前原秀子
  • 大森暉子
  • 藤原二三子
  • 山県良一
  • 小玉雅和
  • 戎博信
  • 木村哲三
  • 肥後喜久恵
  • 小野猛
  • 西田文子
  • 藤野健正
  • 芳賀輝夫
  • 真野勇夫
  • 水戸部秀利 / p18~41
  • 各県の民医連 ひとくちPR / / p63~106
  • MINI-INFORMATION / 冨田満夫 / p1~1
  • わが町わが院所 北海道・稜北病院 / 藤田崧 / p4~4
  • カメラルポ / 吉田一法 / p58~58
  • 読者のひろば / 永縄雅
  • 加茂京子
  • 秋山武彦 / p60~60
  • 編集部から / 小林
  • 高橋
  • 及川 / p108~108
  • フレッシュ対談 心のかよいあう看護をめざして / 松本裕美
  • 元山美恵子 / p62~69
  • 16シリーズ、147回の事例検討会を続けて / 大田病院事例検討委員会 / p70~75
  • 民医運青年医師・ただいま研修中 / 堀毛清史
  • 湊健児
  • 平本哲也
  • 斉藤俊一
  • 岡野久
  • 山川正人
  • 池野文昭
  • 山下英世 / p53~
  • 医系学生のみなさんへ/私たちは待っています / 西田周作
  • 杉山芳子
  • 角田美南子
  • 小木曽博子
  • 大野穣一 / p9~
  • 民医連医師 その歩みとロマンを語る (3) / 中山壽比古 / p102~107
  • 戦争、恐慌、弾圧の嵐の中で 「東北-純農村の医学的分析」執筆のころ / 高橋実 / p49~52

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 民医連医療
著作者等 全日本民主医療機関連合会
書名ヨミ ミンイレン イリョウ
書名別名 Min'iren iryo
巻冊次 (120)
出版元 全日本民主医療機関連合会
刊行年月 1982-07
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02852241
NCID AN0023657X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00035359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想