日本病跡学雑誌  (52)

日本病跡学懇話会 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 51) 1996.05~;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本病跡学懇話会 (-16号);頒布者変遷: 金剛出版 (22号-72号);[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 時代・風土における創造と癒し(会長講演) / 山田//和夫 / 2~10<4120502>
  • 創造行為における癒しの諸相--特集「創造と癒し」の序にかえて / 加藤//敏 / 11~14<4120504>
  • 「創造と癒し序説」--創作の生理学に向けて / 中井//久夫 / 15~20<4120505>
  • ウィトゲンシュタインの問題--創造と癒しの文法 / 花村//誠一 / 21~22<4120506>
  • 音楽の創作過程における癒しと喪--ロベルト・シュ-マン論(3) / 新宮//一成 / 23~29<4120507>
  • 漱石文学における癒し--「神経衰弱」者の理解と救済 / 高橋//正雄 / 30~36<4120508>
  • 創造と癒し / 町沢//静夫 / 37~44<4120509>
  • 特異な主体創出--とくにデッサンからみたアントナン・アルト-の病跡 / 森島//章仁 / 45~55<4120510>
  • 荻原碌山--絶作「女」とその死について / 後藤//永子
  • 若林//慎一郎 / 56~67<4120511>
  • 川端康成の作品にみられる倒錯性について / 金野//倫子
  • 二木//文明 / 68~74<4120512>
  • 夏目漱石に関する病跡学的研究の第1号 / 高橋//正雄
  • 山本//英樹 / 75~79<4120513>
  • 書評 近藤俊文著『天才の誕生』 / 高橋正雄 / p80~80
  • 第43回日本病跡学会総会を主催して / 山田和夫 / p81~82
  • 第43回日本病跡学会抄録集 / / p83~97
  • 投稿規定 / / p98~98
  • 編集後記 / M.K. / p98~98
  • 日本病跡学会会則 / / p99~99

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本病跡学雑誌
著作者等 日本病跡学会
日本病跡学懇話会
書名ヨミ ニホン ビョウセキガク ザッシ
書名別名 Japanese bulletin of pathography

Nihon byosekigaku zasshi
巻冊次 (52)
出版元 日本病跡学会
毎日学術フォーラム
刊行年月 1996-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02858398
NCID AN00196679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00036657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想