日本病跡学雑誌  (56)

日本病跡学懇話会 [編]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 51) 1996.05~;本タイトル等は最新号による;出版地の変更あり;出版者変遷: 日本病跡学懇話会 (-16号);頒布者変遷: 金剛出版 (22号-72号);[ ]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • <特別講演>向きをかえるカフカの物語 / 三原 弟平 / 2~11<3087813>
  • <会長講演>パトグラフィーの誕生と時代背景 / 中谷 陽二 / 12~21<3087820>
  • シンポジウム 創造の病をめぐって / / p22~65<3087825>
  • シンポジウムの開催にあたって / 飯田真 / p22~22
  • 近代の病理と創造の病い--ジャン-ジャック・ルソーの場合 / 加藤 敏 / 23~35<3087833>
  • 戦略的エポケーと創造--デカルトの病跡 / 内海 健 / 36~45<3087837>
  • ジャン・コクトーと"創造の病い" / 米倉 育男 / 46~52<3087843>
  • アーノルト・シェーンベルクと創造の病 / 鈴木 瑞実 / 53~58<3087857>
  • 病と創造における図と地の関係--アルフレート・クビーンの病跡を通じて / 小見山 実 / 59~64<3087864>
  • 内的な視点としての創造の病い--シンポジウムを終えて / 花村誠一 / p65~65
  • E.ムンク--油彩『新陳代謝』における諸象徴,および彼の創造性 / 前田河 孝夫 / 66~77<3087871>
  • 高等師範学校時代の夏目漱石 / 高橋 正雄 / 78~86<3087874>
  • ペトラルカのうつ病--『わが秘密』第2巻5より / 高橋 正雄 / 87~90<3087878>
  • 書評 宮本忠雄著『病跡研究集成』 / 高橋 正雄 / 93~94<3087884>
  • 書評 新宮一成著『無意識の組曲--精神分析的夢幻論』 / 花村 誠一 / 94~95<3087898>
  • 第45回日本病跡学会を主催して / 中谷陽二 / p91~92
  • 第45回日本病跡学会抄録集 / / p96~106<3087899>
  • 投稿規定 / / p107~107
  • 編集後記 / H. H / p107~107
  • 日本病跡学会会則 / / p108~108

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本病跡学雑誌
著作者等 日本病跡学会
日本病跡学懇話会
書名ヨミ ニホン ビョウセキガク ザッシ
書名別名 Japanese bulletin of pathography

Nihon byosekigaku zasshi
巻冊次 (56)
出版元 日本病跡学会
毎日学術フォーラム
刊行年月 1998-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02858398
NCID AN00196679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00036657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想