日本精神病院協会雑誌  11(9)(130)

日本精神病院協会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 15 (6) 1996.06~20 (11) (通号: 241) 2001;本タイトル等は最新号による;1巻1号=1号(1982年1月) - 20巻11号=241号(2001年11月);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 医療審議会途中経過より考えられること / 河崎茂 / p1~3
  • それでもお人好しな日精協の会員達 / 佐藤純 / p5~5
  • 特集 医療経済問題 / / p6~36
  • 今回の医療費改定と精神科医療 / 牧武 / p6~9
  • 精神科医療に曙光を求めて / 津久江一郎 / p9~15
  • 精神病院経営の今日的戦略 / 逸見嘉彦 / p15~18
  • 今回の診療報酬改定--精神科医療費への影響とその分析 / 伊藤耕三 / p18~23
  • 精神科医療費体系を巡って / 植田孝一郎 / p24~25
  • 精神科医療経済問題を考える(当院におけるリハビリテーションのあり方に関する検討の過程を通して) / 山角博
  • 花田雅人
  • 宇都宮真富 / p26~32
  • 精神科における老人診療報酬 / 中村英雄 / p32~36
  • 精神科チーム医療--看護・コメディカル委員会の中間意見 / 谷野亮爾
  • 三村孝一 / p37~52
  • 時評 精神科入院費と福祉施設措置費との比較 / 岩崎稠 / p55~56
  • 虎の目 / 高秋 / p89~89
  • ICJ調査団の結論と勧告 / 浅井邦彦 / p57~62
  • 障害者雇用対策の積極的な推進 / 坂本由紀子 / p63~68
  • 岩手県立北陽病院措置入院患者の刺殺事件に対する横浜地裁判決に対する見解 / 医療政策委員会 / p69~69
  • 医師と法律家のスタンス--松岡論文をめぐって / / p70~82
  • 医療政策委員会の討論をふまえて / 高柳功 / p70~72
  • 開放病棟における所持品検査義務について--日精協顧問弁護士松岡浩氏の論文「日精協誌′92.3月号」を読んで / 犬尾貞文 / p72~75
  • 「所持品検査義務」をめぐって(覚え書) / 高橋正和 / p75~79
  • 「危険物所持品検査義務」補論-御批判に答えて / 松岡浩 / p79~82
  • 精神科医は怠慢か?--公経済の崩壊と私経済の導入(復活) / 正橋剛二 / p83~84
  • モノローグ三題 / 佐々木勇之進 / p84~86
  • リレー放談 精神科医と宗教 / 村上秀瑛 / p87~87
  • 知っておきたいメンタルヘルス / 広瀬省
  • 山崎晃資 / p90~92
  • 研修会報告・ 日精協学術研修会 全国地区看護(総婦(士)長,婦(士)長,主任級)部門 / 小峯和茂
  • 山角博 / p94~95
  • 第21回日精協精神医学会のお知らせ / 河崎茂
  • 荒木邦治 / p68~68
  • 精神保健国際セミナーのお知らせ / / p62~62
  • 情報ZONE / / p88~88
  • 世界精神保健連盟1993年世界会議演題募集 / / p93~93
  • 平成4年度日精協学術研修会 精神医療セミナー名古屋 / / p95~95
  • 四病院団体連絡協議会総合部会 / 安田恒人 / p96~96
  • 委員会審議要旨 / / p97~99
  • 編集室 / 花井忠雄 / p100~100
  • Journal of Japanese Association of Psychiatric Hospitals English Summary / / p143~175

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 日本精神病院協会雑誌
著作者等 日本精神病院協会
書名ヨミ ニホン セイシン ビョウイン キョウカイ ザッシ
書名別名 Journal of Japanese Association of Psychiatric Hospitals
巻冊次 11(9)(130)
出版元 日本精神病院協会
刊行年月 1992-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 02860244
NCID AN00369959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00036844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想