ICUとCCU = Japanese journal of intensive care medicine : 集中治療医学  17(7)

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 24 (11) 2000.11~;本タイトル等は最新号による;並列タイトルは「Japanese journal intensive care medicine」のこともあり;臨時増刊とも;1巻1号 -;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 集中治療とinterventional radiology / / p633~665
  • 特集にあたって / 髙野照夫 / p633~634
  • 頭頸部 / 菊池陽一 / p635~642
  • 喀血のinterventional radiology / 田中淳司
  • 鈴木謙三 / p643~650
  • 腹部および骨盤外傷性出血 / 川俣博志
  • 隈崎達夫 / p651~658
  • 消化管出血とinterventional radiology / 竹下浩二
  • 草野正一 / p659~665
  • 当科における過去15年間の中毒症例の検討 / 篠原一彰
  • 小沼利安
  • 民井宏昌
  • 赤闇洋一
  • 田勢長一郎
  • 奥秋晟 / p667~672
  • ICU患者の深在性真菌症におけるCAND-TECの有用性とミコナゾールの治療効果に関する検討 / 表哲夫
  • 荒川穣二
  • 並木昭義
  • 氏家良人 / p673~679
  • 自己弁感染性心内膜炎の周術期管理 / 源由紀子
  • 堀之口典子
  • 西田幸生
  • 山崎和夫
  • 加藤浩子 / p681~687
  • 心室中隔欠損症における術後肺高血圧クリーゼの検討 / 小島晶子
  • 佐藤俊
  • 星邦彦
  • 松川周
  • 橋本保彦 / p689~695
  • 症例 WPW症候群を有する患者の術後の不整脈に星状神経節ブロックが有効であった1症例 / 長浜弘道
  • 永納和子
  • 山中郁男
  • 宮部聡
  • 荻野貞雄
  • 大橋徹 / p697~702
  • 症例 有機リン中毒治療としての硫酸アトロピンによる精神症状 / 鈴木隆雄
  • 寒川孝佳
  • 辻本登志英
  • 木下達之 / p703~708
  • 症例 長期中心静脈カテーテル留置による上大静脈閉塞血栓症の1症例 / 川嶋隆久
  • 沼田克雄
  • 鵜飼卓
  • 太田宗夫 / p709~715
  • 症例 小児劇症肝炎の4例 / 佐藤俊秀
  • 岡元和文
  • 緒方健一
  • 黒瀬満郎
  • 生田義知
  • 原田俊和 / p717~721
  • 経験 重症ドクツルタケ中毒に対する血液浄化法の経験 / 笹野寛
  • 竹内昭憲
  • 馬場瑛逸
  • 佐野仁
  • 白木茂博
  • 勝屋弘忠 / p723~728
  • 施設の紹介 東京警察病院ICU / 原口義座
  • 星野正己
  • 酒井基広
  • 星野恵美子 / p729~736
  • 私のアイディア 閉鎖式胸腔内ドレナージ法についての一考--ピッグテイルカテーテルを用いた方法 / 尾崎孝平
  • 丸川征四郎
  • 速水弘
  • 藤田啓起
  • 夫萬秀
  • 石田博厚 / p737~740
  • 地方会の記録 第17回 熊本集中治療研究会 / / p741~743

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 ICUとCCU = Japanese journal of intensive care medicine : 集中治療医学
著作者等 医学図書出版株式会社
書名ヨミ ICU ト CCU = Japanese journal of intensive care medicine : シュウチュウ チリョウ イガク
書名別名 Japanese journal intensive care medicine

Japanese journal of intensive care medicine

ICU to CCU
巻冊次 17(7)
出版元 医学図書
刊行年月 1993-07
ページ数
大きさ 26-30cm
ISSN 03891194
NCID AN00002091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00034478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想