臨床精神病理 = Japanese journal of psychopathology  17(2)(52)

日本精神病理学会 編

国立国会図書館雑誌記事索引 17 (2) 1996.08~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;編者変遷: 星和書店 (1巻1号-14巻4号)→ 日本精神病理学会 (15巻1号-25巻2号)→日本精神病理・精神療法学会 (25巻3号-34巻2号);1巻1号 (1980年7月)-6巻2号 (1985年11月) ; 7巻1号 = 13号 (1986年3月)-;出版地の変更あり;出版者変遷: 星和書店 (1巻1号-14巻4号)→ 日本精神病理学会 (15巻1号-25巻2号)→日本精神病理・精神療法学会 (25巻3号-34巻2号);総目次: 14巻4号収載

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 日本精神病理学会 第18回大会 / / p115~137,139~147,149~165,167~168
  • 記憶の精神病理について / 浅井//昌弘 / 115~117<4029870>
  • シンポジウム「記憶の精神病理」 司会にあたって / 松本雅彦 / p119~120
  • 記憶の神経心理学から精神病理学へ / 三村//将 / 121~128<4029871>
  • 側頭葉てんかんの複雑部分発作後もうろう状態における言語解体--忘却の心的メカニズムと器質性疾患 / 兼本//浩祐 / 129~137<4029872>
  • 心因性健忘をめぐって--全生活史健忘と多重人格を中心に / 牛島//定信 / 139~147<4029873>
  • 躁うつ状態における記憶の諸問題について / 大森//健一 / 149~156<4029874>
  • 分裂病臨床にあらわれる記憶の問題 / 五味淵//隆志 / 157~165<4029875>
  • シンポジウム「記憶の精神病理」 シンポジウムを終えて / 村上靖彦 / p167~168
  • 境界例と「原罪」 / 芝//伸太郎 / 169~185<4029876>
  • 分裂病性二重見当識に関する一考察--「その場性」の視点から / 中嶋//聡 / 187~198<4029877>
  • 自己臭体験を伴った退行期うつ病の一例--うつと自己臭の関連について / 加藤//敏
  • 小林//聡幸 / 199~210<4029878>
  • 症例報告 内因性若年無力性不全症候群--自験例3例を中心とした考察 / 宮岡佳子
  • 茂田優
  • 濱田秀伯 他 / p211~219
  • 追悼 Arthur Tatossian(1929~1995)の逝去を悼む / 鈴木//国文 / 220~224<4029879>
  • 動き アンリ・エー--その書斎と蔵書の行く末 / 古川冬彦 / p225~226
  • 投稿規定 / / p114~114
  • 会告 / / p118~118,165~165,210~210
  • 役員名簿、事務局便り / 井上洋一 / p227~227
  • 編集後記 / 高橋俊彦 / p228~228

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床精神病理 = Japanese journal of psychopathology
著作者等 日本精神病理学会
日本精神病理精神療法学会
星和書店
日本精神病理・精神療法学会
書名ヨミ リンショウ セイシン ビョウリ = Japanese journal of psychopathology
書名別名 Japanese journal of psychopathology

Rinsho seishin byori
巻冊次 17(2)(52)
出版元 日本精神病理学会
刊行年月 1996-08
ページ数
大きさ 23-26cm
ISSN 03893723
NCID AN00334783
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00034475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想