精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis  26(4)

日本精神分析学会

国立国会図書館雑誌記事索引 40 (3) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;刊行頻度の変更あり;[v. 1, no. 1]-

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • I-1 青年期恐怖症治療への一考察(2)境界例を思わせる状態を呈して来院した恐怖症青年の治療過程から / 松木邦裕 / p5~8
  • I-2 境界例患者との治療同盟形成における構造転移の技法的考察 / 梅村春彦 / p8~11
  • I-3 思春期の抑うつと第2の分離の諸相 / 堤啓 / p11~13
  • I-4 抜毛癖の精神力動と境界例--各治療段階におけるその展開について / 守屋直樹 / p14~16
  • II-1 治療経過中全健忘をおこした,ある思春期症例における抑うつと迫害不安 / 西村良二 / p17~20
  • II-2 摂食障害と衝動的行為の顕著な青年期女子症例の治療について / 木下悦子
  • 坂本恵美子 / p20~23
  • II-3 「痛み」を感じることと,耐えることの困難さについて / 吉沢一弥 / p23~25
  • II-4 物的治療構造と心的治療構造のずれが意味するもの / 渡辺明子 / p26~29
  • III-1 少女の神経症症状の変化と家族状況の変化について / 仮屋久代
  • 植村彰
  • 小倉清 / p31~33
  • III-2 人とうまく話せないという悩みを持つ神経症性パーソナリティーの女子大生の青年期における女性性の確立について / 竹内公子
  • 前田重治 / p33~36
  • III-3 治療歴をもつ患者の治療について / 堀川公平 / p36~39
  • III-4 場面恐怖症の男子高校生--秘密・告白・罪悪感の意味するもの / 中村博幸 / p39~42
  • IV-1 境界例治療の技法原則--とくに言語的交流の基本条件について / 大野裕 / p43~46
  • IV-2 引きこもり型境界例精神療法の導入期における治療技法--行動化型との比較を中心に / 中村瑠木子 / p46~49
  • IV-3 パーソナリティー障害と境界例--臨床上の一つの課題 / 小林和 / p49~51
  • IV-4 分離・自立の課題と治療的退行としてのrapproachement crisis / 舘哲郎 / p51~54
  • IV-5 「境界例」患者において,治療者が役に立つ関係が可能になるまでの技法上の工夫--特に治療者の脱人格化的関係について / 佐伯喜和子 / p54~57
  • IV-6 弱い自分への焦点づけ<妄想的・攻撃性格をもった境界例治療における自我の統合過程> / 佐野直哉 / p57~60
  • IV-7 閉ざされた中間領域と開かれた中間領域--重症シゾタイパル・パーソナリティ障害(DSM-III)の治療経験から / 橋本元秀 / p61~64
  • IV-8 境界例の施設治療--Austen Riggs Centerの場合 / 鑪幹八郎 / p64~66
  • IV-9 境界例の入院治療 / 鈴木寿治
  • 伊藤洸
  • 良田麗明
  • 満岡義敬 / p67~70
  • V-1 精神医学における境界例の概念 / 笠原嘉 / p71~72
  • V-2 わが国における境界例研究の原点をかえりみる / 武田専 / p72~74
  • V-3 精神分析的にみたパーソナリティー障害と境界例 / 小此木啓吾 / p74~78
  • V-4 スキゾイド論と境界例 / 牛島定信 / p78~81
  • V-5 パーソナリティー障害としての境界例と精神療法の基本問題 / 岩崎徹也 / p81~83
  • V-6 青春期境界パーソナリティー患老と日本的境界例--精神分析的精神病理の異同をめぐって / 皆川邦直 / p83~86
  • V-7 神経性食欲不振症の症状解消後の人格構造の特性について / 安岡誉 / p87~90
  • V-8 ある強迫神経症患者の吐き気について / 北山修 / p90~93
  • V-9 シゾイドの治療における治療構造を媒介にした脱錯覚過程 / 相田信男 / p93~96
  • V-10 治療技法的にみた自己愛パーソナリティ障害と境界例 / 伊藤洸 / p96~99
  • V-11 オレステスコンプレックスをもった登校拒否少年の長期治療過程 / 渡辺久子 / p99~102
  • V-12 病的な自己愛の肥大した家族力動--重症なパーソナリティ障害をもった姉・弟・母三者の並行治療の所見から / 乾吉佑
  • 滝口俊子 / p102~105
  • V-13 総括討論者 / 西園昌久

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 精神分析研究 = The Japanese journal of psycho-analysis
著作者等 日本精神分析学会
日本精神分析学会編集委員会
書名ヨミ セイシン ブンセキ ケンキュウ = The Japanese journal of psycho-analysis
書名別名 The Japanese journal of psycho-analysis
巻冊次 26(4)
出版元 日本精神分析学会
刊行年月 1982-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 05824443
NCID AN00128318
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00033216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想