月刊民放  17(2)(188)

日本民間放送連盟

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 26 (6) 1996.06~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号通巻1号]~;総合索引1巻1号通巻1号 (1971年6月) ~27巻3号通巻309号 (1997年3月) : 「月刊民放総合索引」 日本民間放送連盟編集部刊

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ずいひつ / 北村英一
  • 松崎茂和
  • 永田久延 / p4~5
  • 特集 ファン開拓に、変化するラジオ / / p6~28
  • 「聴取習慣」拡大へ、メディア人間の生理を摑め 近未来の「ラジオの位置」をイメージし、活気あるメディアに / 中野収 / p6~9
  • メディア環境変化に、厚い"ラジオ・ファン"層の開拓を 人々の感性に合った情報発信へ、新しいラジオづくりのために / / p10~24
  • 情報を伝えるジャーナリズム機能が基盤 / 原幹 / p10~13
  • 話題性を喚起し存在価値を示す"挑戦"を / 稲葉昭典 / p13~15
  • 生活様式変化に、"情報の有益性"考えて / 小松董 / p15~17
  • 人々の感性を捉え、ラジオを"必欲品"に / 峰岸慎一 / p17~19
  • "人的ネットワーク"体制の確立で活性化 / 松原洋司 / p19~21
  • 特性を生かし、「時代の感性」を追求して / 小谷野修 / p21~23
  • ラジオに不可欠な"ホットな話題づくり" / 美記聰史 / p23~24
  • ニューラジオヘの核はイベント開発の「体制づくり」に 「全社一丸」が生む"情熱"でラジオ全体を活性化 インタビユー / 上野修 / p25~28
  • シリーズ・ドキュメンタリーわが視点 (34) 考えさせるより"感じる"ドキュメンタリーを / 李水香 / p36~39
  • 広告の活性化をもたらすか、比較広告 / 砂田允 / p30~35
  • "意識の地球化"に向かい、意義高まる「映像祭」 / 村木良彦 / p40~43
  • 複眼の考査 (4) 「用語問題」の諸相<上> / 神津晁生 / p29~29
  • 放送倫理情報 番組審議会ハイライト "女性の時代"のニュースにも取材哲学が要/ニュースに対する論議が生む放送局の姿勢 / / p44~45
  • 放送倫理情報 番組審議会議題一覧 61年10月 / / p46~47
  • らいぶらりい / 伊豫田康弘
  • 汀邦彦 / p48~49
  • 放送日誌(61年11月) / / p50~50

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊民放
著作者等 日本民間放送連盟
書名ヨミ ゲッカン ミンポウ
巻冊次 17(2)(188)
出版元 コーケン
刊行年月 1987-02
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03873811
NCID AN0011217X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00032232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想