看護展望  20(4)(233)

国立国会図書館雑誌記事索引 26 (1) (通号: 308) 2001.01~;本タイトル等は最新号による;[1巻1号=1号] -

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/臨床のレベルアップをもたらすもの / / ~44
  • 情報の取込み方,臨床への生かし方 看護部の姿勢 / 浦田喜久子 / p18~20
  • 看護部としていかに研究を支援し臨床に生かすか / 櫻井美鈴
  • 森田夏実 / p21~26
  • レベルアップのための院外指導者の活用 / / p27~36
  • 院外指導者は研修を受ける側のニーズに合わせて / 西村洋子 / p27~32
  • 企画意図と講師は連動する / 瀬戸口文美江・他 / p33~36
  • 他院看護部との経験交流 / / p37~44
  • なぜ他院看護部に学ぶことにしたのか / 鈴木ミワ / p37~40
  • 派遣制度の現状と課題 / 伊藤正子
  • 姫野憲子 / p41~44
  • 看護部長からのメッセージ 臨床でも教育でも通用する看護婦を育てることが課題 / 渡辺孝子 / p1~3
  • 看護管理質問箱 一丸となってターミナルケアに取り組んだはずが / 村谷圭子 / p6~7
  • 看護教育質問箱 学生に"患者のための看護"を理解させるには? / 八木君代 / p8~9
  • ニュース展望 阪神大震災で看護職はどう動いたか / 清水美生
  • 中西康弘
  • 井上三千世
  • 今東清子 / p10~12
  • スケジュール / / p13~13
  • 教育・指導に活かすカウンセリング・プロセス (3) 各論I ケース・カウンセリングの過程(2)
  • カウンセラーの役割と心構え / 足立智昭 / p14~16
  • 婦長のための問題解決術 (3) 部下との間柄を良くするには? / 増子ひさ江
  • 川端大二 / p46~50
  • コンピュータ導入・活用のプロセス 北里大学東病院の場合 (3) コンピュータシステム「病院情報トータルシステム」活用の結果 / 鎮守條子
  • 竹内美恵子 / p51~59
  • 授業活性化のワザとコツ 基礎看護学の授業にロールプレイを導入した試み / 幸山靖子 / p60~63
  • シリーズ=人間と看護を考える 育てる 授業の活性化へ向けて 1 / 金城祥教
  • 林義樹 / p64~73
  • 研究レポート 看護婦の看護アセスメント能力の実態 (3) 研究でつまずいたこと,悩んだこと / 大島弓子・他 / p78~83
  • 教育レポート 看護技術の教育方法 採血技術(赤血球沈降速度の測定)の部分練習の効果 / 石垣夫美代
  • 和賀徳子 / p84~95
  • 教育レポート 看護基礎教育の課程別にみたカウンセリングの授業の実態 / 奥野茂代
  • 小林八代枝 / p96~105
  • 高齢者の在宅ケアシステムに関する研究 (1) 米国の保健医療の現状 / 野村陽子 / p106~109
  • Books & Literatures 生と死をみつめなおすための本 / 中島修平 / p74~77
  • 投稿規定 / / p36~36
  • INDEX / / p110~111
  • 編集室 / 中村
  • 平野 / p112~112

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 看護展望
著作者等 メヂカルフレンド社
書名ヨミ カンゴ テンボウ
書名別名 Japanese journal of nursing science

The Japanese journal of nursing science
巻冊次 20(4)(233)
出版元 メヂカルフレンド社
刊行年月 1995-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0385549X
NCID AN00046610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想