月刊放送ジャーナル  19(8)(205)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 実現可能性さぐるアジア地域番組交流 平成二年度情報通信政策大綱を決定 / D / p16~16
  • 兵庫FM調整依頼から6年ぶり一本化 9月予備免許,11月創立,明春開局 / A / p17~17
  • 1~2月の広告活動自粛が大きく影響 電波媒体広告出稿量軒並み前年下回る / N / p18~18
  • ソフト視聴のためのハード600万台 低価格ソフトはレンタルと相乗効果 / Y / p19~19
  • 第1特集 NHKの関連事業 / / p25~33
  • 関連団体の抜本的改革の狙いは何か? 効率化,大量退職時代対応の他に積極構想も / 岡田矩彦 / p25~29
  • 主要団体への民活導入含む人事強化実施 / 編集部 / p30~30
  • NHK放送分野9関連団体を一体的に改組 エンタープライズを中核組織として再編成 / 編集部 / p31~33
  • 第2特集 民放の関連事業 / / p34~47,50~53
  • 民放の関連会社調査・第1弾 各社の関連企業の概要および今後の展開は 関連140余社の昨年度売上は620億超す / 編集部 / p34~47
  • 全民放各社兼営・他事業投資の状況 1億円以上配当収入62年度は7社 / 編集部 / p50~53
  • 昨年の広告業売上は4兆9,082億円 通産省,特定サービス産業調査速報発表 / 編集部 / p60~61
  • 公取委が広告取引の正常化を業協等に要望 優越的地位の濫用,下請法の趣旨にも合わずと / 編集部 / p62~63
  • グラビア CATV向けプログラムサプライヤー各社の送信地球局完成 衛星元年 CSパラボラアンテナはなざかり / S / p56~
  • 放送文化基金助成研究レポート 初期導入過程における都市型CATVの調査研究 衛星利用による都市型CATVの事業性を中心として / 山本諭 / p64~69
  • 時局インタビュー 1/2インチデジタル,来春には登場か? バルセロナ五輪ターゲットに開発進める / 染矢清和
  • 本誌
  • 梶谷正彦 / p70~71
  • 変貌する世界のメディア (132) アメリカのISDN / 片方善治 / p72~75
  • 新CATV自主番組編成論・私論 (20) ハイビジョンの将来方向とCATV / 村上昌 / p76~77
  • フォト・トピックス / / p4~
  • ニュース・スポット / / p20~23
  • FM放送調査情報 / / p82~83
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p78~80
  • MONTHLY MEMO / / p81~81
  • ビデオ・トピックス / / p84~85
  • ブック・ガイド「ビデオ年鑑'89」伸樹社 / / p85~85
  • 新製品紹介 / / p86~87
  • 編集局 / N / p88~88
  • 既刊案内 / / p89~89

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 19(8)(205)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1989-09
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想