月刊放送ジャーナル  10(11)(109)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 第6回「日本CATV大賞」自主番組コンクール / / p7~9,11~18,20~30,32~34,36~37,39~44
  • "賞"は"ショー"なり"商"にあらずの意味するところ 番組コンクール,16年の軌跡に思う / 藤岡伸一郎 / p7~9
  • "地方"を支えるCATV自主放送 素材を生かした番組づくりに進歩のあと~コンクール審査会から贈賞式・発表会までのすべて / 編集部 / p11~16
  • 参考 「日本CATV大賞」これまでの応募作品一覧 / / p17~18
  • CATV自主番組コンクールの審査にあたって / / p20~25
  • 「周縁」の創造的エネルギーに学ぶ / 伊藤酒造雄 / p20~20
  • 自主番組制作の意義を発見,コンクール自体の広報も / 片方善治 / p21~21
  • 年々の向上審査員にも喜び,制作者自身ロマンの追求を / 金子覺 / p21~22
  • 時代の変化を色濃く反映,新メディアで文化を伝承 / 小松崎清介 / p22~23
  • CATVだけが持っている映像のテンポを大切に / 山本諭 / p23~24
  • CATVに期待したいもの,生産点をテーマとした作品 / 松平恒 / p24~25
  • 好みと想い入れだけで審査してきたボクにとって / 藤岡伸一郎 / p25~25
  • 第6回「日本CATV大賞」入賞の喜び / / p26~30
  • 地域媒体の使命感に燃えて / 池間道安 / p26~26
  • 入賞は住民にとっても誇り / 津田侃 / p27~27
  • 真の情報センター目指して / 久世智恵美 / p27~28
  • 生身の人間が触れ合う場に / 猪木俊一 / p28~29
  • 住民との接触の先兵として / 福峯寿昭 / p29~29
  • おおらかな心と豊かな知識 / 高橋秋子 / p29~30
  • 未来に秘められた可能性は / 河口歳彦 / p30~30
  • 広報・広告媒体としてのニューメディア 広告メディアと広報・販売メディアの違い / 小林敬彦 / p40~44
  • 21世紀市民の情報生活 CATV,お前の時代だ / 小沢朗 / p32~34
  • グラビア 第6回「日本CATV大賞」贈賞式・発表会 / / p36~
  • 放送大学,10年来懸案の創設に一歩前進 第93国会で衆議院通過~参議院継続審議 / 編集部 / p45~47
  • 世界のメディア (45) CATV業界の新しい動き / 片方善治 / p54~56
  • JCTV新社屋落成,最新鋭設備 12月8日期して六本木から放送開始 / / p48~49
  • 岡山放送のフジ系列体制確立 新社長に播上英次郎氏就任 / / p50~50
  • CM界の台風の目P&P ビデオクリエイティブと技術の結婚 / / p65~65
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」ワイド版 / / p52~53
  • メディアの底流 (20) 細分化されるテレビ業界の未来 / 片方善治 / p57~58,60~68
  • MONTHLY MEMO / / p39~39
  • BOOK GUIDE 広告関連会社名鑑 / / p49~49
  • 行政時報 / / p60~61
  • ラ・テ月報 / / p62~63
  • ビデオ時評 / 矢 / p64~65
  • 新製品紹介 / / p66~67
  • 編集局 / S / p68~68
  • 既刊案内 / / p69~69

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 10(11)(109)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1980-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想