月刊放送ジャーナル  16(1)(165)

放送ジャーナル社 [編]

国立国会図書館雑誌記事索引 29 (4) (通号: 311) 1999.05~;本タイトル等は最新号による;改題注記 : 「メディアjournal」の改題, 巻次を継承

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 多局化東京第6局をめぐる光と影 思わくいっぱい…反対もいっぱい / A / p18~18
  • 広告課税が及ぼす経済への影響 民放連,消費との強い結びつき証明 / N / p19~19
  • 熱病のようなブームは去ったが 今年も話題豊富?なCATV界 / S / p20~20
  • 86年は踊り場を越え飛躍の年 8ミリとレンタル事業に期待 / Y / p21~21
  • 特集′86メディア展望 / / p26~51
  • CATVの普及促進のため一層の基盤整備を 1986年-CATV行政の課題と展望 / 濱田弘二 / p26~29
  • ニューメディアの旗手として一歩前進の年 日本放送衛星(株)の60年から61年へ / 城石尚治 / p30~31
  • 61年ラテ広告は後半期待できて5.5%程度か 明るい材料は各種企業PRの着実な増加 / 小野岩雄 / p32~33
  • 「報道の自由」と「裁判の公正」をめぐって テレビは抽象性をとらえられるか / 明石光一 / p34~35
  • 広告主がテレビ局に期待する4つの課題 民放使命,視聴者フィードバック等 / 永田久延 / p36~37
  • 今年も業界が取組むべき課題は山積 都市型CATVの離陸,普及促進法の成立等 / 大石国雄 / p38~39
  • 実現した初のデジタル・ステレオ中継 夢ひろがるFM放送国際中継のすべて / 上田彦二 / p40~41
  • 民放TV・FM多局化の顚末と展開 旧ろう与党内でも騒然の幕切れ / 編集部 / p42~43
  • テレビ文字多重放送いよいよテイクオフ 普及率および広告媒体としての可能性は? / 編集部 / p44~45
  • 対応迫られた民放番組審査機能の活性化 今年は放送の地位向上,信頼性高める年に / 編集部 / p46~47
  • 量から質への転換図るポストプロダクション 高品位テレビ,デジタルVTRへの対応も / 編集部 / p48~49
  • 新世代に突入したテレビ局の制作設備 スタジオ,ENG,CMバンク等 / 編集部 / p50~51
  • グラビア 映像・音声の2大情報基地稼動 テレビ東京&FM東京の新放送設備 / / p64~
  • 民放FM第4次新局4社の徹底分析 資本構成から組織・機構・出身別陣容まで<本誌第3次アンケート調査> / A / p53~61
  • 民放OBの集いの場~民放クラブ~ TBS諏訪氏を世話人代表に発足・会員募る / 木下俊輔 / p68~69
  • 日経文字ニュース専用デコーダー開発 テレコム通信と日本電通建設 / 編集部 / p79~79
  • CATV北から南から「わが町わがテレビ」 / / p70~72
  • フォト・トピックス / / p12~
  • ニュース・スポット / / p22~24
  • FM放送調査情報 / A / p52~52
  • MONTHLY MEMO / / p74~74
  • ビデオ・トピックス / / p76~77
  • 新製品紹介 / / p78~78
  • 編集局 / S / p80~80
  • 既刊案内 / / p81~81

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 月刊放送ジャーナル
著作者等 放送ジャーナル社
書名ヨミ ゲッカン ホウソウ ジャーナル
書名別名 月刊

放送ジャーナル
巻冊次 16(1)(165)
出版元 放送ジャーナル社
刊行年月 1986-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03853810
NCID AN00074183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00029544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想