リハビリテイション心理学研究  17/18/19

心理リハビリティション研究所 [編集]

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 22・23) 1996.03~;本タイトル等は最新号による;別冊とも;出版地の変更あり;出版者変遷: 心理リハビリテイション研究所 (-11巻);1巻~30巻(2002),31巻1号(2003)~

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 日本における動作法・最近の発達 / 成瀬悟策 / p1~6
  • 日本の施設及び病院における障害児の動作訓練の最近の発展 / 昇地勝人 / p7~11
  • 日本の学校教育における動作法の実践と展開 / 大野博之 / p13~16
  • 心理リハビリテイションの歴史 / 安中康子 / p17~25
  • 坐位姿勢づくりの訓練 / 針塚進 / p27~33
  • 脳性マヒ児の膝立ち訓練の原理と実際 / 冨永良喜 / p35~44
  • 脳性マヒ児の立位動作訓練の原理と実際 / 池田勝昭 / p45~48
  • 脳性マヒ児・者のための歩行訓練の方法 / 丸山千秋 / p49~53
  • 脳性マヒ児への歩行動作訓練の適用 / 古賀精治 / p55~61
  • 脳性マヒ幼児の動作訓練--基本的な考え方と訓練内容について / 米川勉 / p63~66
  • 脳性マヒ幼児の動作訓練--情動面を中心にして / 吉川昌子 / p67~73
  • ダウン症児に対する動作法の意義 / 佐藤新治 / p75~79
  • 動作法によるダウン症児のケース研究 / 田中新正 / p81~85
  • 動作訓練の筋ジストロフィー症児への適用--先天性筋ジストロフィー症児の動作改善の事例 / 山内隆久 / p87~95
  • 自閉症児への動作法の原理と応用 / 今野義孝 / p97~102
  • 自閉症児への動作法適用事例研究 / 山本昌央 / p103~108
  • 重度障害児に対する動作法の考え方と実際 / 二宮昭 / p109~113
  • 動作法を多動を伴う精神遅滞児に適用した事例研究 / 久田信行 / p115~121
  • 猫鳴き症候群の幼児に対する動作法の適用 / 宮田敬一 / p123~128
  • 健常児と障害児のための姿勢指導 / 飯島正博 / p129~137
  • 行動分析理論と動作理論に基づく喘息の統合的呼吸制御プログラム / 藤田継道
  • 緒方登士雄 / p139~150
  • 障害を持つ高齢者への動作法の適用 / 中島健一 / p151~157
  • 動作療法の理論的意義 / 鶴光代 / p159~163
  • 動作療法の発展と実践 / 藤岡孝志 / p165~170
  • 精神分裂病患者への動作療法の適用 / 高松薫 / p171~178
  • 不安神経症者への動作法の適用 / 大場信恵 / p179~186
  • 動作訓練によるスポーツ選手の心身の自己コントロール / 星野公夫 / p187~192
  • 体育への動作法 / 山中寛 / p193~198

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 リハビリテイション心理学研究
著作者等 心理リハビリティション研究所
心理リハビリテイション研究所
日本リハビリテイション心理学会
日本リハビリテイション心理学会編集委員会
書名ヨミ リハビリテイション シンリガク ケンキュウ
書名別名 The journal of rehabilitation psychology
巻冊次 17/18/19
出版元 日本リハビリテイション心理学会
刊行年月 1992-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03895599
NCID AN00250242
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00028077
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想