大阪大学医学雑誌  31(1)/(2)/(3)/(4)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 2 (3) 1950.07~11 (5) 1959.05;本タイトル等は最新号による;出版者変遷: 大阪大学医学部 (1巻1号-<11巻5号>);出版地の変更あり;別冊とも;1巻1号~52巻12号(Dec.2000)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • ポックスウイルスの赤血球凝集素に関する免疫学的,生化学的同定 / 生田和良 / p1~7
  • 異常体温下における酸素供給の問題 / 戸崎洋子 / p9~18
  • レシチン2重膜の相変移温度に及ぼす麻酔薬の影響--麻酔作用機序に関連して / 太城力良 / p19~28
  • 経気管的ベンズピレン注入によるマウス肺癌の誘発及びBCG-CWSによるマウス肺癌の免疫療法 / 吉本崇彦 / p29~38
  • 塩基性蛋白purothionin AのA31細胞及びマウス白血病ウイルス感染A31細胞に対する影響 / 田原真也 / p39~43
  • 核小体におけるDNAポリメラーゼの存在とその分子種 / 平野英保 / p45~54
  • 濃厚継代した肉腫ウイルスRNAの解析 / 那須正夫 / p55~62
  • Nocardia rubra細胞壁骨格(CWS)の抗腫瘍活性 / 山脇幹夫 / p63~72
  • 宿主細胞のトリ肉腫ウイルスに対する制御機構の相違について--トリ肉腫ウイルスの宿主依存変異 / 島影美鈴 / p73~79
  • 抗キャリア抗体によるハプテン茎反応性サプレッサーT細胞の選択的誘導 / 黒木求 / p81~89
  • オルセインHBs抗原の肝臓内分布について / 中曽三弥 / p91~107
  • 野生の齧歯類Millardia meltadaからの株細胞の樹立及び腫瘍ウイルス学的検索 / 杉山治夫 / p109~116
  • マウス自然発生乳癌MM 102腫瘍関連移植抗原の免疫生物学的性状 / 青木久和 / p117~123
  • 赤痢菌の産生する死毒の精製とその性状について / 岡本敬之助 / p125~131
  • トキソプラズマ感染ラットにおける実験的マラリア感染について / 小俣吉孝 / p133~139
  • ラット自然発生[大]腸癌のオートラジオグラフィーについて / 橋本善造 / p141~148
  • モルフィンの呼吸抑制に対するペンタゾシンの拮抗について / 辻野安彦 / p149~160
  • B細胞免疫グロブリンレセプターを介するシグナルの細胞伝達機構の解析 / 菊谷仁 / p161~165
  • 腎臓におけるアルグニン合成の生理的意義と調節機構に関する研究 / 船橋ますみ / p167~172
  • ヒト胎盤膜結合性アリルアミダーゼの単離精製とその諸性質 / 伊藤武俊 / p173~182
  • 硬膜外腫瘍による脊髄圧迫の実験的研究 / 池田宏也 / p183~196
  • 腎性貧血と腎糸球体硬化度の相関 / 花井淳
  • 岡田正 / p197~199

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 大阪大学医学雑誌
著作者等 大阪大学医学会
大阪大学医学部
書名ヨミ オオサカ ダイガク イガク ザッシ
書名別名 Medical journal of Osaka University Japanese edition

Oosaka daigaku igaku zasshi
巻冊次 31(1)/(2)/(3)/(4)
出版元 大阪大学医学会
刊行年月 1979-04
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0369710X
NCID AN0002986X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00027514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想