大阪大学医学雑誌  10(3)

雑誌記事索引採録あり(大学紀要);国立国会図書館雑誌記事索引 2 (3) 1950.07~11 (5) 1959.05;本タイトル等は最新号による;出版者変遷: 大阪大学医学部 (1巻1号-<11巻5号>);出版地の変更あり;別冊とも;1巻1号~52巻12号(Dec.2000)

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 濾紙電気泳動法による血清蛋白の臨床的研究-1~3- / 藤田//伝太郎 / 227~249<10149958>
  • 結核患者の淋巴球ピロニン好性物質の臨床的意義について / 覚野//重太郎 / 251~251<10149954>
  • 還元型DPNを基質としたキサンチン酸化酵素の作用型式に就いて / 堀内//成人 / 273~275<10149952>
  • グルタミン酸脱水素酵素系能に及ぼす酸化還元剤の影響 / 森//茂雄 / 277~280<10149950>
  • 下顎反射に関する研究 / 村尾//恒治 / 281~281<10149951>
  • D-アミノ酸酸化酵素における鉄イオンのはたらき-3- / 音田//篤 / 305~308<10149948>
  • 顔面反射に関する研究 / 徳永//篤司 / 309~320<10149953>
  • 免疫血清の結核菌増殖阻止作用に関する研究 / 衣川//洋 / 321~329<10149957>
  • 結合FADを作用族としたD-アミノ酸酸化酵素による水素逓伝に就て / 堀内//成人 / 331~335<10149956>
  • Actinomycinの網内系に対する作用に関する研究-1・2- / 松為//実 / 337~337<10149947>
  • HistidineとAdrenaline作用,特にHistidineに依るAdrenaline感作作用に対する一考察 / 松本//秀雄 / 349~355<10149949>
  • 結核菌のRhodamine-Auramine重染色法に関する研究 / 荘野//忠弥 / 357~364<10149955>

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 大阪大学医学雑誌
著作者等 大阪大学医学会
大阪大学医学部
書名ヨミ オオサカ ダイガク イガク ザッシ
書名別名 Medical journal of Osaka University Japanese edition

Oosaka daigaku igaku zasshi
巻冊次 10(3)
出版元 大阪大学医学会
刊行年月 1958-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0369710X
NCID AN0002986X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00027514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想