臨床免疫  30(1)(331)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 腸管上皮内リンパ球の特性 / / p1~30
  • 腸管上皮内リンパ球の発生・分化・機能におけるCD45依存性 / 矢田親一朗,ほか / p1~8
  • 腸管上皮内リンパ球の特性,Fasリガンドの表出とその役割 / 守本芳典,ほか / p9~13
  • 粘膜系T細胞と上皮細胞によるIgAアイソタイプの決定 / 清野宏 / p14~19
  • 新しいマウス腸管リンパ組織(cryptopatch)での上皮細胞間T前駆細胞の発達分化 / 斉藤恒,ほか / p20~24
  • IELの発生分化と腸管上皮細胞の産生する甲状腺刺激ホルモン / 磯崎収,ほか / p25~30
  • 特集II サイトカインレセプターからのシグナル伝達機構-新たな展開 / / p31~71
  • IL-3/GM-CSF/IL-5レセプター / 武田光雄,ほか / p31~37
  • c-Kitレセプター / 池田弘和,ほか / p38~44
  • M-CSFレセプターのシグナル伝達機構 / 木村文彦,ほか / p45~51
  • G-CSFレセプターを介するシグナル伝達機構 / 下田和哉,ほか / p52~58
  • エリスロポエチンレセプターからのシグナル伝達機構 / 三浦修 / p59~65
  • トロンボポエチンレセプターを介するシグナル伝達機構 / 高徳正昭 / p66~71
  • Killer Cell Inhibitory Receptor / 滝口//雅文 / 72~78<4382623>
  • T細胞が認識するヒト腫瘍抗原:同定と治療への応用 / 河上//裕 / 79~87<4382624>
  • サイトカイン誘発アポトーシスにおけるMAPKKK(ASK1)の役割 / 一條秀憲,ほか / p88~92
  • IL-15の産生機序と腫瘍免疫への応用 / 西村仁志,ほか / p93~97
  • NF-ATファミリー転写因子の細胞内分布とT細胞活性化制御 / 高橋信弘 / p98~104
  • B細胞レセプターからのシグナルによるテロメラーゼの活性化 / 五十嵐英哉,ほか / p105~110
  • CCR5ケモカイン受容体遺伝子変異とHIV感染耐性 / 神奈木真理 / p111~114
  • 赤血球膜の貪食阻止因子PIF / 岡田則子,ほか / p115~120
  • CD8は安定な三分子複合体の形成を促進する / 中川憲一,ほか / p121~125
  • CD22欠損マウスはCD22のin vivoでの機能をどごまで明らかにしたか? / 瀧伸介 / p126~131
  • HIV糖蛋白質によるT細胞のアポトーシス / 野田敏司,ほか / p132~138
  • 可溶性抗原ペプチドによるキラーT細胞の抑制 / 高橋秀実 / p139~145
  • 慢性関節リウマチの病因T細胞 / 佐伯行彦 / p146~150
  • Activation-induced cell deathとFas/Fasリガンド / 渡辺紀彦,ほか / p151~158
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 30(1)(331)
出版元 科学評論社
刊行年月 1998-01
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想