臨床免疫  26(8)(290)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I T細胞の機能発現と細胞接着 / / p825~862
  • リンパ球のホーミングに関与するリガンド分子,CD34 / 今井康之 / p825~831
  • 炎症部への遊出--接着分子とサイトカインの接点 / 田中良哉,ほか / p832~840
  • Costimulatory分子によるT細胞機能発現の調節 / 東みゆき / p841~849
  • B細胞の補助 / 野々山恵章 / p850~856
  • 標的細胞傷害 / 永井由美子,ほか / p857~862
  • 特集II 免疫性神経疾患における最近の進歩 / / p863~906
  • EAE発症における接着分子の関与 / 小林靖,ほか / p863~869
  • EAE惹起T細胞のT細胞レセプター解析 / 田平武,ほか / p870~874
  • EAEとdouble negative T細胞 / 松本陽 / p875~882
  • 重症筋無力症惹起性ペプチド / 高守正治 / p883~892
  • Guillain-Barré症候群発症とCampylobacter jejuni感染 / 結城伸泰 / p893~900
  • HAM病巣におけるHTLV-I proviral DNAの局在 / 加塩信行,ほか / p901~906
  • 抗原分子を介したT細胞とB細胞の相互作用 / 桜井//稔夫 / p907~914<3897061>
  • IL-7はTCRβ鎖のVDJ再編成におけるコファクターである / 峯岸克行 / p915~920
  • ICAM-3の遺伝子クローニング / 本谷聡,ほか / p921~926
  • サイトカイン遺伝子筋肉内注入による遺伝子治療 / 渡部亮 / p927~930
  • CD4/CD8表出調節の細胞内機構 / 川内康弘,ほか / p931~936
  • 単球走化活性化因子(MCAF) / 飯田典久,ほか / p937~942
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 26(8)(290)
出版元 科学評論社
刊行年月 1994-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想