臨床免疫  27(12)(306)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I 感染がもたらす免疫系の変調とその機序 / / p1401~1436
  • HIV感染 / 古賀泰裕 / p1401~1406
  • HTLV-I感染によるアポトーシス感受性--Fasとの関連 / 貴志周司 / p1407~1413
  • EBウイルス感染 / 河敬世 / p1414~1420
  • 寄生虫感染による免疫応答の変調 / 矢野明彦 / p1421~1428
  • エルシニア感染症とスーパー抗原 / 伊藤恭彦,ほか / p1429~1436
  • 特集II 遺伝子操作と免疫学 / / p1437~1462
  • トランスジェニックマウス / 廣田久雄,ほか / p1437~1444
  • 遺伝子ノックアウトマウス / 根岸泉 / p1445~1454
  • アンチセンスRNA/DNA / 北島勲 / p1455~1462
  • 脳炎惹起性T細胞のTCR CDR3モチ-フとその由来 / 山村//隆 / p1463~1469<3644834>
  • 抗リン脂質抗体症候群と疾患との関係 / 岡田//純
  • 野村//正世 / p1470~1479<3644832>
  • GADとコクサッキーウイルスに対する交差反応性--IDDMの病因への関与 / 横野浩一 / p1480~1484
  • スーパー抗原経口投与によるT細胞アネルギーの機序 / 右田清志,ほか / p1485~1490
  • 抗DNA抗体による細胞障害の可能性 / 窪田哲朗,ほか / p1491~1497
  • IgE欠損マウスにおけるアナフィラキシー / 山田秀和,ほか / p1498~1504
  • 抗原提示におけるHLA-DM抗原の役割 / 梶野喜一,ほか / p1505~1509
  • LPS結合性蛋白の多様性 / 樋口安典,ほか / p1510~1514
  • IL-4遺伝子の発現調節 / 久保允人,ほか / p1515~1519
  • IL-12によるIgE産生抑制 / 岳野光洋,ほか / p1520~1524
  • 総目次 / / 巻末p1~22
  • 次号予告 / / 巻末
  • バックナンバー / / 巻末
  • 投稿規定 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 27(12)(306)
出版元 科学評論社
刊行年月 1995-12
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想