臨床免疫  33(6)(360)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I アレルギーの発症機構をめぐって / / p647~683
  • マスト細胞のFcεレセプターIシグナル伝達におけるアダプター分子の役割 / 後飯塚僚 / p647~653
  • IgEによるマスト細胞FcεRIの表出制御 / 久保秀一,ほか / p654~658
  • アレルギー性疾患におけるTARCの役割 / 河崎伸,ほか / p659~663
  • IL-4レセプターシグナルの多様性 / 生澤公一,ほか / p664~668
  • T細胞抗原受容体シグナルとTh2細胞分化 / 山下政克,ほか / p669~677
  • CD28シグナルとTh2への分化 / 大木伸司,ほか / p678~683
  • 特集II 動脈硬化に対する免疫分子細胞生物学的アプローチ / / p684~708
  • 血管内皮細胞におけるレクチン様酸化LDL受容体(LOX-1)の発現制御機構 / 片岡大治,ほか / p684~691
  • 酸化LDLによるFas依存性血管内皮細胞アポトーシス / 佐田政隆 / p692~698
  • 血管内皮細胞からのFasリガンド産生とその意義(sFasLに注目して) / 茂木正樹,ほか / p699~703
  • 動脈硬化の遺伝子治療 / 磯部光章 / p704~708
  • ATL発症の分子機構 / 高折//晃史
  • 内山//卓 / 709~713<5383044>
  • 慢性GVH病の遺伝子治療 / 大久保忠信,ほか / p714~718
  • Junctional diversityと免疫応答の成熟 / 古川功治,ほか / p719~726
  • HER2ペプチドを用いた腫瘍免疫療法 / 生田安司,ほか / p727~732
  • HIVによるMHCクラスIIの発現抑制の分子機構 / 金沢智 / p733~740
  • BLNKのB細胞分化における役割 / 石合正道 / p741~744
  • BLNK欠損症 / 峯岸克行 / p745~750
  • CD44による細胞機能調節機構 / 藤井幸一,ほか / p751~755
  • CD72によるB細胞の活性化とアポトーシス制御 / 房木ノエミ,ほか / p756~761
  • 濾胞樹状細胞の機能 / 増田昭博,ほか / p762~766
  • 第33巻総目次,著者・キーワード索引 / / 巻末p1~21
  • 次号予告 / / 巻末
  • バックナンバー / / 巻末
  • 投稿規定 / / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 33(6)(360)
出版元 科学評論社
刊行年月 2000-06
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想