臨床免疫  32(5)(353)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I T細胞機能と細胞内分子 / / p513~545
  • ST2遺伝子産物とhelperT細胞 / 柳沢健,ほか / p513~517
  • T細胞機能とSEK1,SEK2 / 仁科博史,ほか / p518~524
  • T細胞の活性化とNFATサブタイプ / 大森信彦,ほか / p525~531
  • Th1/Th2細胞の分化制御とRas/MAPKカスケードの活性化 / 山下政克,ほか / p532~539
  • T細胞レセプター下流の新たなGrb2ファミリー分子 / 浅田洋司,ほか / p540~545
  • 特集II 慢性関節リウマチにおける遺伝子療法とその展望 / / p546~573
  • アポトーシス関連遺伝子による慢性関節リウマチの遺伝子治療 / 小林哲也,ほか / p546~551
  • シクロオキシゲナーゼ-2アンチセンス療法 / 佐野統 / p552~562
  • Csk(c-terminal Src kinase)遺伝子導入による慢性関節リウマチ骨破壊の制御 / 高柳広,ほか / p563~569
  • 細胞周期インヒビター / 上阪等 / p570~573
  • 総説 IL-18:最近のトピックス / 善本//知広
  • 筒井//ひろ子
  • 柏村//信一郎 / 574~580<4909020>
  • 細胞膜糖蛋白による免疫反応,とくにNK活性の増強について / 平島光臣 / p581~585
  • 細胞外ストレスによるシグナル伝達過程におけるSykの役割 / 高野智子,ほか / p586~591
  • SLEにおけるL-selectin自己抗体の出現とその意義 / 服部進,ほか / p592~598
  • 自己免疫疾患の発症におけるFcレセプターの役割 / 渡辺紀彦,ほか / p599~608
  • 慢性拒絶反応とCD28-CD80/86の遮断 / 小西勝人,ほか / p609~612
  • 臍帯血幹細胞移植ではなぜGVH反応が少ないか / 佐藤克明,ほか / p613~621
  • DNA免疫によるアレルギー治療 / 戸田雅子,ほか / p622~626
  • 経口トレランスの成立におけるCTLA-4の役割 / 中尾篤人 / p627~630
  • X連鎖リンパ増殖性症候群の成因としてのSAP遺伝子異常 / 金兼弘和,ほか / p631~636
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 投稿規定 / / 号末
  • 掲示板 / / 表2

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 32(5)(353)
出版元 科学評論社
刊行年月 1999-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想