臨床免疫  28(8)(314)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集I T細胞におけるシグナル伝達機構 / / p955~984<4006063>
  • T細胞レセプターを介する増殖制御機構 / 宮武昌一郎 / p955~961
  • T細胞分化におけるZAP-70の役割 / 根岸泉 / p962~968
  • T細胞におけるNFATタンパクの多様性と機能 / 今村龍,ほか / p969~975
  • IL-2受容体からのシグナル伝達とチロシンキナーゼ / 宮崎忠昭 / p976~984
  • 特集II Costimulatory分子の機能 / / p985~1019<4006064>
  • T細胞活性化におけるcostimulatory分子の役割 / 猪部学 / p985~990
  • T・B細胞間におけるcostimulatory分子の役割 / 中島敦夫 / p991~997
  • CD27/CD70相互作用を介したT細胞,B細胞活性化へのcostimulatory signal伝達 / 小端哲二 / p998~1004
  • 自己免疫疾患におけるcostimulatory分子の役割 / 安部良 / p1005~1013
  • 臓器移植におけるcostimulatory分子の役割 / 場集田寿 / p1014~1019
  • 活性酸素と一酸化窒素によるアポト-シスの誘導 / 藤井順逸 / 1020~1027<4006065>
  • HIVに対する免疫応答とその人為的増強 / 中里見哲也 / 1028~1036<4006066>
  • IFNシグナル伝達機構におけるMAPキナーゼの役割 / 木村透 / p1037~1043
  • CD4陽性T細胞による自己反応性B細胞のFas依存性除去 / 熊谷俊一 / p1044~1050
  • T細胞と線維芽細胞の相互作用に関与する接着分子 / 村上伸也,ほか / p1051~1056
  • ヘルパーT細胞上のCD26とHIVtat蛋白 / 堀利行 / p1057~1061
  • IgGのFcレセプターとアレルギー / 高井俊行 / p1062~1068
  • T細胞レセプターを中等度に発現しているT細胞とNK細胞は同一か / 関修司,ほか / p1069~1076
  • 人工抗体ライブラリー作製と臨床応用 / 黒沢良和 / p1077~1085
  • 自己免疫性水疱症の発症機序 / 橋本隆 / p1086~1092
  • 発作性夜間血色素尿症における造血障害 / 堀川健太郎,ほか / p1093~1098
  • 次号予告 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末
  • 免疫薬理投稿規定 / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 28(8)(314)
出版元 科学評論社
刊行年月 1996-08
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想