臨床免疫  21春季特別増刊号

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • リウマチ科診療マニュアル / / p1~798<3239008>
  • I. 基礎知識 / / p1~231
  • 1. リウマチ性疾患の分類 / 廣瀬俊一 / p1~9
  • 2. リウマチ性疾患の発症要因 / / p10~72
  • a. リウマチ性疾患の発症要因 :遺伝的背景 / 橋本博史 / p10~19
  • b. リウマチ性疾患の免疫学的発症要因 :液性免疫 / 安倍達 / p20~24
  • c. リウマチ性疾患の免疫学的発症要因 :免疫細胞 / 坂根剛,ほか / p25~34
  • d. リウマチ性疾患の発症要因 :関節の代謝異常(結合組織病として) / 村田克己 / p35~44
  • e. リウマチ性疾患の発症要因 :ウイルス感染 / 森川茂 / p45~51
  • f. リウマチ性疾患における化学伝達物質(サイトカイン)の意義 / 康浩一,ほか / p52~59
  • g. リウマチ性疾患の発症要因 :アレルギーの立場から(免疫複合体を含む) / 平野隆雄 / p60~65
  • h. リウマチ性疾患の病理組織変化 / 能勢眞人 / p66~72
  • 3. 臨床で検出される抗体の意義 / / p73~132
  • a. 抗核抗体の臨床的意義 / 東條毅 / p73~79
  • b. リウマトイド因子の臨床的意義 / 小林茂人 / p80~84
  • c. 抗リン脂質抗体の特異性と臨床的意義 / 小池隆夫 / p85~92
  • d. 抗ウイルス抗体の意義 / 原田孝之,ほか / p93~101
  • e. 抗白血球抗体の臨床的意義 / 斎藤憲治 / p102~109
  • f. 抗赤血球抗体の臨床的意義 / 雨宮洋一 / p110~116
  • g. 抗血小板抗体の臨床的意義 / 室井一男 / p117~124
  • h. 免疫複合体の臨床的意義 / 吉野谷定美 / p125~132
  • 4. 臓器別臨床像と病態 / / p133~226
  • a. 関節病変 / 内田詔爾 / p133~141
  • b. 骨粗鬆症の病態--原発性および続発性骨粗鬆症の比較 / 森井浩世 / p142~146
  • c. 筋病変 / 古賀孝三郎 / p147~149
  • d. 血管病変 / 杉浦仁,ほか / p150~157
  • e. 血液病態 / 有森茂 / p158~164
  • f. 肺病変 / 隅谷護人 / p165~173
  • g. 肺高血圧症 / 隅谷護人 / p174~176
  • h. 腎病変 / 矢野新太郎,ほか / p177~184
  • i. 消化管病変 / 吉田浩 / p185~191
  • j. 肝・膵病変 / 吉田浩 / p192~199
  • k. 皮膚病変 / 衛藤光,ほか / p200~209
  • l. 眼科的病変 / 望月學 / p210~215
  • m. 唾液腺の病変 / 今野昭義,ほか / p216~226
  • 5. 合併症としての感染症 / 浜本恒男 / p227~231
  • II. 診断技術 / / p232~418
  • 1. リウマチ性疾患であることの診断 / 吉澤久嘉 / p232~241
  • 2. 臓器病変への診断手技の応用と実際 / / p242~319
  • a. 膠原病診断手技の進歩(総論) / 平形道人,ほか / p242~249
  • b. 骨・関節病変の診断手技 / 松井宣夫,ほか / p250~263
  • c. 筋病変の診断手技 / 古賀孝三郎 / p264~266
  • d. 血管病変の診断手技 / 市川陽一 / p267~272
  • e. 心・肺病変の診断手技 / 熊谷安夫 / p273~284
  • f. 腎・泌尿器病変の診断手技 / 大久保泰宏,ほか / p285~292
  • g. 消化器系病変の診断手技 / 森藤隆夫,ほか / p293~300
  • h. 皮膚病変の診断手技 / 片山一朗,ほか / p301~309
  • i. 眼病変の診断手技 / 望月學 / p310~314
  • j. 唾液腺病変の診断手技 / 今野昭義,ほか / p315~319
  • 3. 生検病理診断の意義と実際 / 細田泰弘 / p320~327
  • 4. 自己抗体・免疫複合体の各検出法の特性 / / p328~376
  • a. 自己抗体・免疫複合体の各検出法の特性--総論 / 高崎芳成 / p328~332
  • b. 抗核抗体(ANA)の検出法とその特徴 / 高崎芳成 / p333~342
  • c. リウマトイド因子の検出法 / 小林茂人,ほか / p343~347
  • d. 抗リン脂質抗体の検出法 / 市川健司,ほか / p348~352
  • e. 抗白血球抗体の検出法 / 斎藤憲治 / p353~359
  • f. 抗赤血球抗体の検出法 / 雨宮洋一 / p360~365
  • g. 抗血小板抗体の検出法 / 室井一男 / p366~369
  • h. 免疫複合体の検出法 / 吉野谷定美 / p370~376
  • 5. 細胞の検査法と臨床的意義 / / p377~405
  • a. 細胞の検査法と臨床的意義--総論 / 坂根剛 / p377~379
  • b. リンパ球の検索 :サブセット,機能 / 坂根剛 / p380~395
  • c. 好中球・滑膜細胞 / 松浦喜房,ほか / p396~405
  • 6. 補体の検査法と臨床的意義 / 行山康 / p406~418
  • III. 治療法の適用と実際 / / p419~484
  • 1. リウマチ性疾患の治療法--総論 / 延永正 / p419~424
  • 2. ステロイド剤 / 松下庸次,ほか / p425~432
  • 3. 非ステロイド性消炎鎮痛剤 / 水島裕 / p433~438
  • 4. 免疫療法剤(D-ペニシラミン,金療法を含む) / 安倍達 / p439~443
  • 5. 血漿交換療法--リンパ球除去療法も含めて / 津田裕士,ほか / p444~448
  • 6. 関節病変の局所的治療法 / 梁瀬義章,ほか / p449~460
  • 7. 皮膚病変の治療法 / 石川英一 / p461~472
  • 8. 眼病変の治療法 / 望月學 / p473~477
  • 9. 放射線療法・骨髄移植・その他新療法 / 小川博遊,ほか / p478~484
  • IV. 診療の実際 / / p485~798
  • 1. 慢性関節リウマチの診療 / / p485~539
  • a. 慢性関節リウマチの診断 / 廣瀬俊一 / p485~490
  • b. 慢性関節リウマチの関節病変 / 前田晃 / p491~499
  • c. 慢性関節リウマチの臨床検査 / 谷口修,ほか / p500~503
  • d. 慢性関節リウマチの内科的治療と予後 / 廣瀬俊一 / p504~508
  • e. 外科的療法の適応と予後 / 鳥巣岳彦 / p509~517
  • f. リハビリテーション・理学療法 / 橋本明 / p518~525
  • g. 悪性関節リウマチの診断・治療・予後 / 蕨治言 / p526~534
  • h. 回帰性リウマチの診断・治療・予後 / 東威 / p535~539
  • 2. 若年性関節リウマチの診療 / 渡辺言夫 / p540~548
  • 3. 成人発症Still病の診療 / 谷本潔昭 / p549~553
  • 4. 全身性エリテマトーデスの診療 / 橋本博史 / p554~570
  • 5. 全身性強皮症の診療 / 柏崎禎夫,ほか / p571~578
  • 6. 皮膚筋炎・多発性筋炎の診療 / 西海正彦 / p579~586
  • 7. 血管炎症候群の診療 / 橋本博史 / p587~598
  • 8. リウマチ熱の診療 / 大国真彦 / p599~605
  • 9. ベーチェット病の診療 / 橋本喬史,ほか / p606~614
  • 10. シェーグレン症候群の診療 / 宮脇昌二 / p615~623
  • 11. 混合性結合組織病の診療 / 粕川禮司 / p624~632
  • 12. リウマチ性多発筋痛症の診療 / 西岡淳一 / p633~641
  • 13. 強直性脊椎炎の診療--病態・診断・治療 / 浅井富明,ほか / p642~651
  • 14. ライター症候群の診療 / 小林茂人 / p652~658
  • 15. フェルティ症候群の診療 / 井上哲文 / p659~662
  • 16. 乾癬性関節炎の診療 / 辻本正記,ほか / p663~671
  • 17. 変形性関節症の診療--病因・病態・治療 / 岩田久 / p672~683
  • 18. 痛風の診療--病態・治療 / 西岡久寿樹 / p684~691
  • 19. ピロリン酸カルシウム沈着症の診療 / 赤岡家雄,ほか / p692~696
  • 20. 骨粗鬆症の診療 / 藤田拓男 / p697~703
  • 21. 後縦靱帯骨化症の診療 / 腰野富久,ほか / p704~712
  • 22. 特発性大腿骨頭壊死の診療 / 糸満盛憲,ほか / p713~725
  • 23. ヒトアジュバント病の臨床的意義 / 熊谷安夫 / p726~737
  • 24. 好酸球増多筋膜炎の診療 / 吉田俊治,ほか / p738~744
  • 25. 結合組織炎の診療 / 七川歓次 / p745~750
  • 26. 先天性結合組織疾患の診療 / 村田克己 / p751~760
  • 27. 腰痛の診療 / 小野村敏信,ほか / p761~773
  • 28. 頸肩腕症候群の診療 / 石川浩一郎 / p774~782
  • 29. 肩関節周囲炎(腱・腱鞘炎)の診療 / 井上一 / p783~788
  • 30. その他のリウマチ性症状を伴う疾患の診療 / 梶野明英,ほか / p789~798

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology

Rinsho men'eki
巻冊次 21春季特別増刊号
出版元 科学評論社
刊行年月 1989-03
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想