臨床免疫  16(10)(172)

臨床免疫編集委員会

雑誌記事索引採録あり;国立国会図書館雑誌記事索引 1 (3) 1969.08~45 (6) (通号: 432) 2006.06;本タイトル等は最新号による;編者: 1巻1号~3巻7号 (昭和46年) 臨床免疫研究会 出版者: 1巻1号~5巻11号 (昭和48年11月) 東京医学社 刊行頻度: 変更あり 特別増刊号とも;1巻1号(昭和44年2月)~10巻12号(Dec. 1978),11巻1号通巻103号(Jan. 1979)~45巻6号通巻432号(June 2006);総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集 胸腺とTリンパ球の分化 / / p807~845
  • MHC拘束性の発生機序をめぐる諸問題 / 佐渡敏彦 / p807~815
  • 培養胸腺上皮細胞を用いたTリンパ球の分化 / 伊藤恒敏,ほか / p816~825
  • ヒツジ胸腺細胞の末梢動員 / 山下昭,ほか / p826~837
  • 胸腺不全症の病態とその治療 / 高橋豊,ほか / p838~845
  • 自己反応性T細胞の性状と自己認識機構 / 多田隈//卓史
  • 田村//啓彦 / p797~806<3024058>
  • 検査法 モノクローナル抗体を用いたヒトリンパ球表面抗原の解析--正常および病的状態における意義 / 馬止裕,ほか / p846~857
  • Brief Notes 抗好酸球血清の犬蛔虫感染マウスへの投与と好酸球のrebound / 菅根一男,ほか / p858~861
  • フローサイトメトリーを用いたヒト末梢血リンパ球膜抗原の分析--正常人の抗原分布について / 松元康治,ほか / p862~872
  • 抗T₃抗体,抗核抗体高値を示し,甲状腺組織に顕著なT cell浸潤を認めた橋本病の1例 / 川嶋乃里子,ほか / p873~881
  • 免疫薬理 Nocardia rubra Cell Wall Skeleton(N-CWS)皮内投与中に消失した喉頭癌の1例 / 柳田実郎,ほか / p882~889
  • 免疫のひろば HBウイルス関連抗原のSpontaneous sero-negativity移行時の免疫担当細胞数の変化 / 菅原勇,ほか / p890~892
  • 海外文献抄録 / / p806~806,815~815,837~837
  • 次号予告 / / p892~892
  • 投稿規定 / / 号末
  • バックナンバー / / 号末

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床免疫
著作者等 東京医学社
科学評論社
臨床免疫研究会
臨床免疫編集委員会
書名ヨミ リンショウ メンエキ
書名別名 Clinical immunology
巻冊次 16(10)(172)
出版元 科学評論社
刊行年月 1984-10
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 03869695
NCID AN00132100
AN00254017
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想