臨床精神医学  23(12)

国立国会図書館雑誌記事索引 25 (7) 1996.07~;本タイトル等は最新号による;編者および出版者: 1巻1号~28巻4号 (1999年4月) 国際医書出版 増刊号とも;1巻1号(昭和47年8月)~;総目次・総索引あり

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • 特集/薬物依存・連用にもとづく精神障害 / / p1419~1578
  • 特集の序に代えて / 松下正明 / p1419~1420
  • 殺人を犯した覚醒剤精神病・病的酩酊の1症例 / 石垣達也・他 / p1421~1427
  • 有機溶剤乱用によりflashback現象を呈した少年の2症例 / 青山富貴子・他 / p1429~1434
  • 顕著な"入院依存"がみられた有機溶剤依存症の1鑑定例 / 工藤行夫・他 / p1435~1442
  • 森田療法を適用した有機溶剤依存後遺症の1症例 / 當間馨・他 / p1443~1449
  • 催眠療法を施行した有機溶剤中毒の1症例 / 赤崎安昭・他 / p1451~1455
  • コカイン,ヘロイン,覚せい剤など多剤乱用による幻覚・妄想状態を呈した4症例 / 久場川哲二・他 / p1457~1466
  • 大麻精神病の4症例 / 福田修治・他 / p1467~1474
  • 市販鎮咳剤の乱用後に遷延するamotivational syndromeを呈した2症例 / 妹尾栄一・他 / p1475~1481
  • エフェドリンを含まずコデインを主成分とする市販鎮咳剤依存の1症例 / 高木千浩・他 / p1483~1489
  • 常用量の市販液状鎮咳剤を連用後に精神症状を呈した巨大な正中過剰腔を有する1症例 / 今泉寿明 / p1491~1498
  • 救急外来での処遇が問題となったPentazocine依存の1症例--初期治療介入をめぐって / 浅井信成・他 / p1499~1507
  • 鎮痛剤等を盗んだ自殺企図例 / 金澤彰 / p1509~1514
  • 一卵性双生児の片方のみに発症したナロンエース依存の1症例--その人格発達との関連 / 岩瀬利郎・他 / p1517~1523
  • ビペリデン依存に陥ったアルコール依存症の1症例 / 康純・他 / p1525~1529
  • 笑気依存の1症例 / 鈴木勝昭・他 / p1531~1535
  • 薬物・アルコール依存とうつ病の合併症例の治療経験 / 奥田宏 / p1537~1541
  • インターフェロン治療中,うつ状態を呈したC型慢性肝炎の1症例 / 大原浩市・他 / p1543~1546
  • インターフェロン療法により妄想状態を呈したC型慢性肝炎の1症例 / 柴山雅俊 / p1547~1554
  • インターフェロンにより錯乱を伴う精神症状を呈したB型慢性肝炎の1症例 / 石田康・他 / p1555~1560
  • 座談会 薬物依存・連用にもとづく精神障害 / 松下正明
  • 福井進
  • 小沼杏坪
  • 久場川哲二 / p1561~1578
  • 学会告知板 / / p1498~1498
  • 編集後記 / M.M. / p1582~1582
  • 投稿規定 / / p1581~1581
  • 次号予告 / / p1580~1580

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 臨床精神医学
著作者等 アークメディア
国際医書出版
悪臭公害研究会
書名ヨミ リンショウ セイシン イガク
書名別名 Japanese journal of clinical psychiatry

Rinsho seishin igaku
巻冊次 23(12)
出版元 アークメディア
刊行年月 1994-11
ページ数
大きさ 26cm
ISSN 0300032X
NCID AN00253400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00024460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想